親子でも大人だけでも雨の日でも! 和歌山のアミューズメントパーク4選

和歌山のテーマパークといえばパンダがいる「アドベンチャーワールド」、「和歌山マリーナシティ」が有名だけど、屋内アミューズメントとは? ラウンドワン・てんとう虫パーク・快活クラブ・川辺レジャーセンター。雨の日でも遊べるスポットを紹介。

ラウンドワンスタジアム和歌山店

スポッチャで遊び尽くせ! 複合エンターテインメント空間

ラウンドワン_ミニバイク

国内に99店舗、海外に50店舗を構える、遊びの王道・ラウンドワン。子どもも大人も必死になって遊べる総合アミューズメント施設。スポッチャで遊べる種目は30を超え、サッカーなどの定番スポーツ、ダーツ、カラオケ、ゲーム…と、多彩なバラエティーと充実した設備がそろう中、今、注目を集めているのは、場内リンクで楽しむモビリティーアイテム。新感覚の乗り物「バランススクーター」「セグウェイ」は、子どもはすぐに乗りこなせるけど、大人はコツをつかむまでちょっぴり時間がかかるかも。用具、シューズはレンタルでき、ロッカーも利用可能

ラウンドワン_ゴーカート

“いい大人”が無邪気にはしゃげる「ポケバイ」「ゴーカート」でローラーリンクを疾走すればストレス発散! マッサージチェアに座りながら漫画を読めるスペースもあり、“静と動”どちらも満喫できます。

【利用料金】

〈フリータイム〉大人2690円、学生2490円、小学生2290円、未就学児850円
〈3時間パック〉大人2490円、学生2290円、小学生2090円、未就学児800円、2歳未満はともに無料、土・日曜、祝日はフリータイム利用時だけ100円加算(未就学児は加算なし)

※すべてビジター価格、その他パック、学割などはホームページで確認を

快活CLUB

イマドキの漫喫&ネカフェはアミューズメントの宝庫

快活_20221101__0001

一昔前は“一人遊び”のパラダイスだったコミック・インターネットカフェが、今やアミューズメント施設へと進化。紀ノ川大橋店・和歌山岩出店はダーツ、ビリヤード、カラオケとコンテンツが充実していて、友人やカップルでがっつり遊べる。食事もできて、ソフトクリーム食べ放題、ドリンク飲み放題。ブースで仮眠もとれて、シャワーも無料で利用でき、一晩中、いや丸一日過ごせてしまう。

快活_20221101__0002

もちろんマンガは読み放題で、オンラインゲームや映画視聴など個の遊びも充実。レコーディングスタジオを再現した「ワンツーカラオケ」なら一人カラオケも気兼ねなく。南海和歌山市駅店・和歌山国体道路店は「鍵付完全個室」が導入され、女性客が増加しているそうです。

【コンテンツ】コミック&雑誌読み放題、パソコン・オンラインゲーム、シネマ・アニメ・テレビ視聴、オンラインダーツ、ビリヤード、カラオケ
【利用料金】会員登録入会金370円(アプリ登録で無料)。利用料金は最初の30分290円(オープンシートは230円)、以降10分ごとに100円が加算され、3時間1100円などお得なパック料金に自動切り替え(金曜、祝前日18:00~と土・日曜、祝日はパック料金に220円が加算) ※南海和歌山市駅店は利用料金が異なります

てんとう虫パーク

トランポリンパークでジャンプ! ジャンプ! ジャンプ

てんパ_メイン_トランポリン3

テニスコート8個分、約2000㎡あるフロアには、さまざまなトランポリンが置かれている。地元で愛され続ける複合屋内アミューズメント施設にトランポリンが導入されたのは2017年。茶目っ気たっぷりの社長の遊び心がきっかけだったそうだが、これが大ヒット。すべり台やうんていなど遊びの仕掛けがたくさんあって、昼間は疲れしらずの子どもたちでにぎわっていますが、夜は比較的ゆったりしているので、ムフフ大人の時間。大の大人がキャッキャキャッキャ騒ぎながら遊んでも“白い目”で見られることがありません。仕事帰り、ジャンプしまくって日頃のうっぷんを晴らそう!

てんパ_サブ_バスケットボール

ボルダリングやフットサル、バスケットボール、バドミントンなども楽しめますが…。若かりしころのように機敏に体は動きません。ケガをしない程度にほどほどに!

【コンテンツ】ボーリング、カラオケ、トランポリン、屋内スポーツ、コミック読み放題
【利用料金】小学生以上1時間1600円(以降10分ごとに100円加算)、3歳以上全日400円、2歳以下全日200円(3歳以上は土・日曜、祝日は600円)

※すべてビジター価格、会員登録(別途550円が必要)で割引あり、その他パックはホームページで確認を

川辺レジャーセンター

入浴施設「川辺の湯安庵」に併設されたスポーツ&娯楽施設

安庵_20221101__0004

紀の川の天然伏流水を利用した温浴施設「川辺の湯安庵(あんあん)」の敷地内にあるレジャーセンター。昔ながらの施設という感は否めませんが、プロ野球選手とリアルな対決が体感できるバーチャルバッティングセンターをはじめ、卓球台、フットサルコート、カラオケルーム、ビリヤード、ダンスホール、ゲームコーナーを完備。子連れでも大人だけでも、意外と楽しく遊べます。温浴施設は深夜2:00(最終受け付け1:00)まで営業しているので、遊んだ後は一風呂浴びて帰りましょう。お食事処でおいしいごはんも食べられます。24時間いつでもゴルフの練習ができる「川辺ゴルフセンター」もお隣に。

安庵_20221101_3686_0015

【コンテンツ&利用料金】バーチャルバッティング(1プレイ1メダル25球200円)、卓球(30分平日500円、土・日曜、祝日600円)、カラオケ(レギュラールーム800円~)、ビリヤード(1人1時間500円)、フットサル(1コート1時間会員5000円~、一般7000円~、ボール2個・タイマー・ビブス無料 ※会員年会費10000円)、ダンスホール(一般フリータイム11:00~18:00は800円、18:00~深夜1:00は1000円)

※各都道府県が発表している外出自粛要請や都道府県間移動の自粛要請等をお守りいただき、お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保、マスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします。

※掲載各店の判断により、営業形態や営業時間、メニュー等が変更されている場合があります。