「木の実や」のお弁当“24時間無人販売”が、気になる!【和歌山市】

気になっていませんか? お弁当の「木の実や」の24時間無人販売。“いや!すでに行ってみた”という人も、実は多いはず。“非接触”が当たり前になってきた新しい生活様式に受け入れられ、無人店舗の売れ行きも好調だとか。編集者が実際に店舗を訪れてみました!

       *もくじ*

好きなお弁当を選んで、支払いは料金箱へ
木の実やの24時間営業している無人販売店舗に行ってみた

定番弁当がオール・ワンコインの500円

木の実や 西浜店
〈住所〉   和歌山市西浜918-2
木の実や 和歌山駅前店
〈住所〉   和歌山市吉田571
木の実や 十二番丁店
〈住所〉   和歌山市十二番丁76ザ・キャナル1階
木の実や 四ヶ郷店
〈住所〉   和歌山市栗栖1083
※掲載各店の判断により、営業形態や営業時間、メニュー等が変更されている場合があります。

“お母さん手作りの味”を届けるお弁当の「木の実や」が、24時間営業の“お弁当”の無人販売を行っているのをご存知でしょうか。「え!? お弁当の無人販売って~?」と気になっている人も多いのでは?
昨年(2021年)の6月に「和歌山駅前店」に初の無人販売を導入後、8月には「西浜店」、さらに続いて「十二番丁店」「四ヶ郷店」を無人店舗に変え、現在は和歌山市内4店舗が無人店舗となっています。無人ではありますが、西浜店と四ヶ郷店は店内の厨房にはスタッフが居て、店舗で作ったお弁当を店内に配置。十二番丁店と和歌山駅前店には、他店で作られたお弁当が配達されています。
さてさて、その“無人販売”とは!? どんなシステムになっているのか、実際に訪ねてみました。

木の実や外観

木の実や西浜店

無人の店内にお弁当がずらり!!!

お~!! 店内にはおなじみのお弁当が並んでいます。どれもおいしそうですね~。でも、やっぱりお店にはスタッフの方はいません。

木の実や店内①

木の実や店内②

購入システム

さてと…、どうやってお弁当を買えばいいのか…。「キョロキョロ」していると…。
見つけました!! 壁にある画面で「購入方法」を動画で説明してくれています。まずは、この動画で購入システムをチェックしましょう!

木の実や_動画

丁寧に説明してくれていて、ちょっと見落としてもエンドレスで同じ動画が流れているので、何度でもチェックできます。初めてでも、これなら安心(^^)

種類豊富なメニュー!ボリューム満点!税込みのワンコイン!

どれにしようかな。唐揚げやチキン南蛮、ハンバーグなどなど、おなじみのお弁当が並んでいて、どれもワンコインの500円。普通の店舗なら消費税を入れた金額が540円になる定番弁当が、どれも税込みの500円で購入できます!

木の実やさんのお弁当は手作りで、主婦や子育て経験のある女性スタッフが“お母さん”の目線で素材を厳選し、メニューを考えて作っているので、おいしくいただけますよね~。ほっこり心まで“あったかく”なるお弁当です。

木の実やお弁当

<写真左>幕の内弁当、<右>ジャンボチキンカツ弁当(各500円)。

このチキンカツ、ジャンボすぎる~!ご飯が見えないくらい…。これで500円なんて、お得すぎませんか!?育ち盛りの子どもや、体力勝負のお仕事をしている人なんて、たまらないでしょうね~(笑)。

木の実やカキフライ弁当

私の大好きなカキフライがありました~。季節限定かもしれませんね。ソースは、地元和歌山県紀の川市の「ハグルマ」ですね。さすが!和歌山のお弁当屋さん!! ハグルマのソースもうま味があっておいしいですよね♡

木の実や大盛り弁当

お弁当の中には、「大盛りシール」が。ご飯が増量されています! しかも、普通のお弁当とお値段変わらず500円のワンコイン。同じお弁当の種類でも中には「大盛り」シールが貼られていることもあるので、チェックしてくださ~い(^^)


サイドメニューもワンコイン!!

そのほか、手作り惣菜などのサイドメニューもあり、こちらも支払いやすい100円単位になっています。

木の実やマカロニサラダ

マカロニサラダ100円

木の実や明太子としらす

明太子としらすもそれぞれ100円

木の実や麺類

お弁当のお供にしたいカップラーメンとお味噌汁もあります

木の実や飲み物

お茶にお水もあって、欲しい物がここでほとんどそろいますね~。

袋詰めをして、いざ支払い!

欲しい物がそろったら、袋詰めはセルフで行います。割り箸やスプーンなども一緒に置かれているので、使いたいものを入れます。レジ袋は500円以上のお弁当1個につき1枚まで。2個以上買っても1枚で済むなら、エコのためにも1枚でね。

木の実や_レジ袋とお箸

いよいよ支払い。お財布からお金を出したら料金箱へ。お賽銭箱みたいですね~。

木の実や_料金箱

箱の上にあるトレイに支払うお金を並べてから投入します(カメラを設置)。お釣りとレシートは出ませんが、弁当や総菜すべて100円単位なので分かりやすく、支払いやすい!

盗難防止のために料金箱には防犯ブザーが付けられているようです。ちなみに店内にもいくつかの防犯カメラが作動中です。木の実や_お支払い

お釣りは出ないので、店内には両替機もあります。これでピッタリ!支払えますね。

木の実や_両替機

カップ麺やお味噌汁用の給湯機もあり、お弁当を温めたい人は電子レンジも自由に使えます。

木の実や_給湯機木の実や_電子レンジ

お弁当を選んで袋に入れて支払いまで…慣れた人なら数分で完了するという素早さ! お弁当ができるのを待つ必要も、レジに並ぶ必要もありません。夜や早朝、いつでも欲しいときに手作り弁当を買えるのもうれしいですね。
今年4月か5月ごろから、西浜店では電話注文を受ける新サービスが始まる予定。無人販売だけど、作りたての“あったか”お弁当が味わえるようになるそうですよ。

木の実やの「無人販売」は、今後もますます拡大&進化しそう。楽しみですね❣

✿もくじに戻る✿

※各都道府県が発表している外出自粛要請や都道府県間移動の自粛要請等をお守りいただき、お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保、マスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします。

*関連記事*

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】

LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加