「餃子の雪松」24時間無人店舗で買ってみた、食べてみた【和歌山】

全国に拡大中の無人店舗で24時間餃子が買える「餃子の雪松」。和歌山県内には和歌山市、海南市、有田市と3店舗あります。賽銭箱をイメージする料金箱にお金を投入する昔ながらの無人販売スタイルで、万引きや盗難を心配する声も聞こえてきますが大丈夫のよう。

店舗で売っているのは餃子とタレのみ

冷凍生餃子1000円、雪松特製ダレ200円(90g)

餃子の雪松餃子

“24時間無人直売”という販売形態が話題を集め、さまざまなメディアで取り上げられ一躍有名になった「餃子の雪松」。和歌山に上陸したのは2021年7月のこと。和歌山県内には和歌山店(和歌山市小雑賀)、海南店(海南市重根西)、有田店(古江見)と3店舗あります(2022年3月31日現在)。販売いているのは冷凍生餃子1000円(36個)と雪松特製ダレ200円(90g)のみ。

餃子の雪松店内

餃子といえば「餃子の王将」が知名度抜群、和歌山県人はいまだ「来々軒」を懐かしむ人もいるかもしれません。「餃子の雪松」って一体どこの餃子でどんな味? 気になりますよね…。

ルーツは群馬県みなかみ温泉街のお食事処雪松

3代受け継ぐ秘伝の名物

餃子の雪松_

「餃子の雪松」のルーツは、群馬県みなかみ町の温泉街にある1940年創業の「お食事処(どころ)雪松」にあり。有名人がお忍びで通うという名店の名物が餃子というわけ。3代にわたって秘伝の名物餃子が受け継がれていて、その味をもっと多くの人に知ってもらいたいと、東京のとある会社がプロデュースして誕生したのが餃子専門店「餃子の雪松」。

餃子の雪松

広報担当者に話を聞くと、「野菜中心の雪松の餃子の味を守りつつ、手軽な冷凍餃子にすることは本当に苦労しました」と。あえて焼くという一手間を残してあるのもこだわった点だそうで、「ご家族で、友人と、お一人さまでも焼くという工程を楽しんでいただき、焼き立ての味を堪能してほしい」と答えてくれました。

餃子の雪松.

その味はというと。国産キャベツなど野菜中心のあんが薄い皮でふんわりと包まれていて、肉々しさが少なくミンチがあまり得意でない筆者好み。ニンニクはガツンと効いていますが、食感が軽いのでパクパクと食べられます。

餃子の雪松たれ販売 餃子の雪松たれ

タレは冷蔵庫で別売り。少し酸味が強めでニンニクのパンチが効いたある餃子をさらりとさせる感じ。

着想は野菜直売所にあり

単純明快の24時間無人直売

餃子の雪松冷凍ショーケース

8_餃子の雪松_賽銭箱

9_餃子の雪松_買い方モニター

ショーケースから商品を取り出し、賽銭箱を思わせる料金箱に料金を入れる販売形態は、昔ながらの野菜の直売所に着想を得て採用。万引きや盗難防止のために監視カメラが設置されてます。単純明快な販売方法なので間違えるということはなさそうだけど、店内のモニターで「買い方」を説明。焼き方はホームページでも丁寧に説明されているので心配無用。

餃子の雪松袋とバッグ

1商品につき持ち帰り袋は1枚、保冷剤は2個まで無料。保冷バッグは100円で販売しています。店外にはトイレも完備されていてなんとも親切。

ぜひぜひ、一度ご賞味あれ!

餃子の雪松和歌山店
〈住所〉   和歌山市小雑賀 3-5-18
〈駐車場〉  あり(無料)
餃子の雪松海南店
〈住所〉   和歌山県海南市重根1-1-22
〈駐車場〉  あり(無料)
餃子の雪松有田店
〈住所〉   和歌山県有田市古江見51-1
〈駐車場〉  あり(無料)
〈問い合わせ〉050-5490-9116
〈HP〉     https://www.yukimatsugyoza.com/

※各都道府県が発表している外出自粛要請や都道府県間移動の自粛要請等をお守りいただき、お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保、マスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします。

*関連記事*

【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓

ニュース用

【ロカルわかやまLINE公式アカウント】

LINEで和歌山の情報をお届け♪
友達追加はこちら!
↓↓↓

友だち追加