あの戦国武将の墓が高野山に!織田信長、豊臣秀吉、武田信玄、明智光秀【高野町】

戦国武将たちのお墓。織田信長も、そして彼を討った明智光秀も、更にその後天下をとった豊臣秀吉も…有名な武将たちの名前が、一の橋から奥の院までの道にずらりと並んでいます。弘法大師の下で眠れば極楽往生できる…そんな思いを持った武将が多数いたようですね。

高野山では敵も味方もない

本能寺の変で自刃に追い込まれた織田信長と、襲った明智光秀が同じ地で供養されています。かつて延暦寺を焼き討ちにし、本願寺と全面戦争を起こした仏教の敵、織田信長の供養塔まで受け入れたのです。
真言宗には、誰もが平等であるという教えがあり、ここを浄土と信じた人々の墓が宗派を超えてこの地に集まるそうです。

高野山一のパワースポット

奥の院-参道

奥の院 御廟橋

この橋を渡ると大師御廟への霊域に入ります。この橋の上で、あの苅萱道心(かるかやどうしん)と石童丸親子(いしどうまる)が初めてめぐり合ったとも伝えられています。この橋は従来、木の橋でしたが、現在は原型通りの石橋に架け替えられています。

橋の手前で一例をしてから橋を渡ります。この先は撮影禁止です。色々と制限がありますので注意書きを良く読んでお参りしましょう。

徳川頼宣

徳川頼宣

伊達政宗、石田三成、明智光秀…この3人が隣同士で!?

明智光秀

武田家の墓碑から少し歩くと、進行方向右手に伊達政宗、石田三成(画像)、明智光秀、と、立て続けに有名武将の慰霊碑を見つけることができます。
<中略>
それにしても、戦国時代には考えられない隣人関係…。何故か微笑ましいです。
(出典:Travel.jp)

織田信長を殺害した明智光秀が同じ高野山に墓を構えているというのも、何だか不思議ですよね。
事前予約制の音声ガイドを借りれば、各お墓の詳しい説明も聞けますよ。

 

豊臣家の墓

豊臣秀吉

貧しい百姓の生まれから、戦国大名までのし上がった豊臣秀吉は、広いスペースに墓を構えています。

高野攻めを行っていた豊臣秀吉ですが、興山応其上人の説得により、高野攻めを取りやめ、
庇護するようになったと言われています。

織田信長の墓 その隣には信長に臣従した筒井順慶(つついじゅんけい)の墓も

織田信長

御廟橋近くの高台

一度は高野山を攻め立てた織田信長も、お墓はきっちり高野山にあるんです。

浅野内匠頭