カフェ レトロな雰囲気も楽しめるカフェ5選【和歌山市】

「昭和感が、逆に新しくてかわいい!」とワカモノ。「昔を思い出してノスタルジックな気分に浸れる」と大人。世代を超えて人気のレトロカフェ。今回は和歌山市内にある、レトロカフェを5店ご紹介します!

まるでタイムスリップしたみたい

まめきど

まめきどメイン店内
工場の軽作業場をリノベーションしたという同店。店内にはレトロかわいいアンティーク雑貨や家具が並んでいて、昭和レトロ好きにはたまりません!古き良き時代に思いをはせながら、ゆったりくつろいで。
まめきどサブ
ほろ苦のカラメルソースがかかった、固めのプリン(450円)。その他「オムライス」や「ナポリタン」など、昔ながらの喫茶店のメニューが再現されています。

名称 雑貨と珈琲 まめきど
所在地 和歌山県和歌山市塩屋5-5-47
電話番号 073-499-5158
営業時間 11:00~23:00
定休日 日曜日・月曜日

漁港の街並みに溶け込む古民家カフェ

オジバ商店

オジバ_店内
築110年の古民家を改装した同店は、土日のみの営業ですが、まるで昭和にタイムスリップした気分になれると、人気のお店。お店の外も中も、どこを撮っても映えるのが嬉しいですね。レンタル着物(4500円)を着て加太の町をお散歩するのも素敵。
オジバ_料理
素朴な味わいで、バランスの良いおかずが並ぶ「釜めしセット」は1300円。

名称 オジバ商店
所在地 和歌山県和歌山市加太249
電話番号 090-2597-7181
営業時間 土・日曜の11:00~17:00
定休日 平日

ノスタルジックでキュート!

パーラー ニュー・ミソノ

パーラーニューミソノメイン1 (1)
和歌山駅近くにある同店は、かつてのキャバレーの踊り子の控室をイメージして作られ、ノスタルジックな世界観がとてもキュートだと、SNSで話題に。イスや電灯などの調度品も年代もので、思わず写真を撮りたくなってしまいますね。
パーラーニューミソノメイン2
とっても‟映える”「2色選べるペアソーダ」(770円)とプリン(400円)。

名称 ザ・ミソノ
所在地 和歌山市美園町5-3-3 2階
電話番号 073-499-7483
営業時間 平日13:00~17:30
土・日曜、祝日12:00~17:00
※変則週末23時まで
定休日 火・水曜

和の雰囲気たっぷりのパンケーキ専門店

Pancake labo和(パンケーキラボわ)

パンケーキラボ和_内観
なんと築150年以上の古民家をリノベーションした、“和”の趣あるパンケーキ専門店。美しい庭園と、専門店ならではのしっとりふわふわのパンケーキを堪能して♪
パンケーキラ和_食事1
週末限定の、ドリンク料金に+400円で楽しめる「モーニングBセット」。

名称 パンケーキラボ和
所在地 和歌山県和歌山市出島125
電話番号 073-400-8046
営業時間 11:00〜18:00(OS17:00)
定休日 月曜日・第2第4日曜日

昭和レトロな空間で絶品の洋食を

レストラン&カフェ はっぴぃえんど

はっぴぃえんど_メイン
洋食がごちそうだったという店主が作る、こだわりたっぷりの洋食が堪能できる同店。店主セレクトのオブジェや本など、昭和レトロな空間も魅力的。
はっぴぃえんど_サブ
ハンバーグ、エビフライ、ヘレカツが贅沢にも一度に楽しめる「オススメ3種盛定食」(1100円)は味もボリュームも満点!

名称 レストラン はっぴぃえんど
所在地 和歌山県和歌山市出島125
電話番号 090-3841-4044
営業時間 【平日・土曜・祝日】11:00~15:00(OS14:30) 【日曜】8:00~15:00(OS14:30)
定休日 水曜と第一土曜

※各都道府県が発表している外出自粛要請や都道府県間移動の自粛要請等をお守りいただき、お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保、マスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします。

※掲載各店の判断により、営業形態や営業時間、メニュー等が変更されている場合があります。