新鮮魚介が激安っ! 和歌山市近郊の漁港市場&グルメ5選

和歌山は新鮮な魚介類の宝庫。鮮度抜群の魚を安く買うなら、近くの漁港や市場へ出かけよう。家で料理するもよし、その場で獲れたて&出来たて海鮮グルメや漁港メシを堪能するもよし♪ ランチにも! 和歌山市と有田市のおすすめ海鮮市場を紹介します。

市場で買い物&朝食やランチも!飲食店と専門店36店舗が入店

わかやままるしぇ(和歌山市中央卸売市場総合食品センター)【和歌山市】

わかやままるしぇ外観よく“わかやまるしぇ”とか“和歌山まるしぇ”と思われがちですが、正式な名称は『わかやままるしぇ』です。「まるしぇ」の“まる”は地球の“◯”なんですね。市場関係者しか入れなかった和歌山市中央卸売市場が、新しい総合食品センター棟「わかやままるしぇ」の完成で一般利用もできるようになりました。仲卸業者や市場で食材を調達する小売店、地元飲食店など36店舗が出店しています。

けずりたての鰹節やできたてのお豆腐、専門店が作る漬物に乾物、惣菜などなどがそろう専門店街は、せりが終盤を迎える午前7時までの営業なので、ちょっぴり早起きして市場のにぎわいで買い物を楽しんで。

わかやままるしぇ かつをぶ桶本商店

削りたてのかつおぶしを発見。
何ともかつおの香りがたまらな~い!

わかやままるしぇ 内原商店

漬物やみそ専門店は、専門店街に複数あり。水なすや樽につかった紀の川漬も食べごろが市場価格で手に入るから嬉しい限り

わかやままるしぇ_カネモ食品

スーパーなどでおなじみの総菜や佃煮の作りたてが
並んでいます

市場グルメを堪能できる飲食店街は午後2時まで営業しているから、ランチにもおすすめ。海鮮の仲卸業者がとびきり新鮮な魚介料理を提供していたり、おしゃれなカフェも。和歌山ラーメンでおなじみの早すしやお弁当もあって、毎日訪ねても飽きませんよ~♪

わかやままるしぇ_大幸亭①

マグロをメインとした仲卸業者のお店「大幸亭」ではマグロが絶品
特上マグロ丼(みそ汁・漬物付き2200円)

わかやままるしぇ_大幸亭②

まぐろユッケ丼(みそ汁・漬物付き800円)

わかやままるしぇ_大幸亭③

魚は新鮮そのもの。
その場でにぎりたてが味わえる「にぎり盛り合わせ」 (1650円)

わかやままるしぇ_早すし

和歌山ラーメンのお供としておなじみ、丸中寿司の「早すし」も

わかやままるしぇ_お弁当

「喫茶・軽食つるちゃん」のお弁当はサラリーマンに人気(日替わり500円)。
店内のイートインメニュー・日替わり定食はコーヒー付きで600円

わかやままるしぇ_カフェ

おしゃれで美味しいテイクアウトカフェメニューをそろえる「CAFFÉ VALENTINO(バレンティーノ)」。
サンドイッチフルーツは520円、ミックス500円。生チョコ(250円)やバウンドケーキも人気。
カフェオレ280円(ホット、アイスS)、夏場はスムージも

グルテンフリーのパウンドケーキも人気。こちら「抹茶」は京都産の抹茶で仕上げられています

グルテンフリーのパウンドケーキも人気。こちら「抹茶」は京都産の抹茶で仕上げられています

わかやままるしぇ(和歌山市中央卸売市場)
〈住所〉  和歌山県和歌山市西浜1660-401
〈電話番号〉073-431-3161(市場管理事務所)
〈営業時間〉【飲食店街】午前2時~午後2時(日曜、祝日は午前10時~午後2時)
【専門店街】午前2時~午前7時
〈休〉   水曜(専門店街は日曜、祝日も休業)
〈駐車場〉 あり(無料)
〈店舗情報〉https://rokaru.jp/shop/53105
※実際に訪問される際は必ず事前にご確認ください。

和歌浦のとれたて魚と名物わかしらすに、養殖牡蠣(かき)も!

和歌浦漁港おっとっと広場【和歌山市】

外観おっとっと広場和歌浦漁港にある「おっとっと広場」、漁船に掲げる大漁旗が目を引く漁師直営の鮮魚店には、とれたて新鮮魚介が並んでいて、しかもお買い得! 刺し身になったものや、お願いすれば漁師さんが魚を調理してくれます。和歌浦名物の“わかしらす”やワカメなどの海藻類、かまぼこなどの加工品と海産物も豊富にそろうのでお土産にも。

おっとっと広場

旬の魚、たくさんの種類がそろうのが特徴です

漁港グルメ満載! 名物「わかしらす」は、丼はもちろん天ぷらも。その他、漁港ならではの海鮮たっぷりの丼に旬の魚の天丼や、ラーメン・うどんなどの麺類もあり。近年、和歌浦漁協は真牡蠣(マガキ)の養殖に取り組んでいて、旬のシーズン(例年1月~2月)にはおっとっと広場の隣に牡蠣(カキ)小屋「和歌浦漁港わか家」がオープン。牡蠣料理も味わえますよ。

おっとっと広場わかしらす丼

名物の“わかしらす”がおいしい。現地で味わうとさらに美味。
たっぷりのっていて、ご飯が見えないぐらい!! わかしらす丼(しらすのかまあげ丼)は600円。
生しらすとかまあげがハーフ&ハーフの「生かま丼」もあり(800円)

おっとっと広場しらす天ぷら

しらすの天ぷらをご一緒に! サクサクで海の香りがするかき揚げです(1枚150円)。
天ぷらが2枚のった「おっとっと丼」(600円)もあるよ!

おっとっと広場_海鮮ごまだれ

ごまだれ漬けの海鮮が絶妙で、韓国のりとの相性も良し。ひでやの「海鮮ごまだれ丼」(並600円、大盛り700円)。
その他お寿司などもあります

おっとっと広場ひでや外観

「ひでや」はおっとっと広場の入り口横に店舗を構える。
店頭で焼いている「イカ焼き」(S300円~)がいい匂い♪

おっとっと広場わか家外観

おっとっと広場の駐車場内に季節限定でオープンする「わか家」。
2021年は12/18にオープンしてホットドッグや珈琲などを販売。
牡蠣は2022年1月下旬頃から提供予定

おっとっと広場_牡蠣

こちらで提供される牡蠣は和歌浦生まれの和歌浦育ち。
片男波の干潟で育てられた牡蠣が味わえます

和歌浦漁港おっとっと広場
〈住所〉  和歌山県和歌山市新和歌浦1-1
〈電話番号〉073-446-3308ベイサイド和歌浦
〈営業日〉 土曜・日曜・祝日
〈営業時間〉午前10時~午後2時
〈駐車場〉 あり(無料)
〈店舗情報〉https://rokaru.jp/shop/5307
※実際に訪問される際は必ず事前にご確認ください。

*おすすめ記事

雑賀崎名物!船上でとれたて鮮魚を漁師さん自らが販売

雑賀崎漁港、船からの直接販売【和歌山市】

雑賀崎漁港①雑賀崎の漁港に船が戻ってくると人盛りが! とれたての新鮮な魚を漁師さん自らが『直接販売』。ついさっきまで海で元気に泳ぎまわっていた魚が、とってもお得に購入できます。10月下旬から5月に捕れる足赤海老(あしあかえび)はピチピチとはねて活きが良く、その場で殻をむいて“踊り食い”を是非お試しあれ。旬の11月~2月頃は際立つ甘みが特徴です。

雑賀崎漁港②

漁から戻るとその場で魚が並び始めます。とにかく安っ!!!

和歌の浦チャンネル 雑賀崎漁港「新鮮な魚を漁船から直接販売」

漁協ホームページで、毎日の出漁状況が確認できます
出典:雑賀崎漁業協働組合ホームページhttp://jf-saikazaki.jp/index.html

雑賀崎漁港、船からの直接販売
〈場所〉  和歌山県和歌山市雑賀崎漁港近くの港
〈電話番号〉073-444-2282(雑賀崎漁業協同組合)
〈販売時間〉午後3時ごろ~売り切れるまで(10月体育の日以降~5月中旬)
午後8時半ごろ~(5月中旬以降~10月体育の日)
※販売時間は時期によって変わります。
〈休漁日〉 火・土曜、祝日、波が高い日
雑賀崎漁業協同組合のホームページで毎日漁の状況を掲載)、
正月・旧正月・GW・お盆(日程の詳細は未定。決まり次第ホームページで案内)
※実際に訪問される際は必ず事前にご確認ください。

“まぐろのテーマパーク”はマグロだけじゃない! 毎日が海鮮まつり

和歌山マリーナシティ・黒潮市場【和歌山市】

黒潮市場_外観和歌山市で全国各地の漁港にとっても近いのが、和歌山マリーナシティの「黒潮市場」。関西国際空港に近いという和歌山の立地を活用し、日本各地から新鮮な海産物が集まります。
そして、なんといっても黒潮市場の一押しは“生マグロ”。連日解体ショーが行われ、さばいた生マグロはその場で販売。頬肉やカマなどの希少部位も新鮮そのもので手に入ります。

黒潮市場_マグロ解体

営業日なら休まず毎日12:30から生マグロの解体ショーが行われます。
職人の見事な包丁さばきでブロックや刺し身に。大トロや中トロもお買い得!

黒潮市場_館内

昭和レトロな商店街をイメージした店内

市場グルメは、マグロだけじゃありません!北海道から直送されるウニやイクラ、サーモンまで、幅広い海鮮物が黒潮市場で味わえます。丼物はバラエティー豊かにそろい、にぎりや巻き物、押し寿司など海鮮市場ならではのメニューがずらり。浜焼きバーベキューコーナーもあって、好きな食材を店内で調達して焼きながら味わえば、ちょっとしたキャンプ気分も楽しめます。

黒潮市場_捌きたて生本鮪三種丼(3,000円)

生まぐろのさばきたてを贅沢に「捌きたて生本鮪三種丼」(3000円)
※価格は変動する場合があります

さばきたての生まぐろはお寿司にも(時価)

さばきたての生まぐろはお寿司にも(時価)

黒潮市場_北海丼(3,100円)

北海道の名物も和歌山で味わえます。北海丼(3100円)

黒潮市場_サーモンの市場丼(2,780円)

サーモンの市場丼(2780円) ※丼物の値段は変動する場合があります

黒潮市場_BBQテラス

黒潮市場から場内を抜けると海を眺めるBBQテラスが和歌浦の風光明媚な海に臨み、
海鮮を焼きながらアウトドが気分で過ごせます

黒潮市場_BBQイメージ

和歌山マリーナシティ・黒潮市場
〈場所〉  和歌山県和歌山市毛見1527
〈電話番号〉073-448-0008(黒潮市場)
〈営業時間〉午前10時~午後5時、フードコートは午前11時~午後4時半、浜焼きバーベキューは午前11時~午後5時(食材販売は午後4時に終了)
※年末は特別営業、1/1の営業は正午から
※季節により変動あり、詳しくはHPでご確認ください
〈休〉   不定休 年2回(メンテナンス休館あり)
〈駐車場〉 黒潮市場お買いもの専用駐車場あり(有料、買い物や飲食利用で割引あり)
※実際に訪問される際は必ず事前にご確認ください。
〈店舗情報〉https://rokaru.jp/shop/19663

銀色に輝く新鮮なタチウオが並ぶ!箕島の港メシもその場で味わって

浜のうたせ(箕島漁港)【有田市】

浜のうたせ外観

タチウオの漁獲量日本一で知られる有田市の箕島漁港。漁協が直営する市場が「浜のうたせ」。和歌山市から近く、大阪エリアから訪れる人も多いという人気ぶり。その人気の秘密は、タチウオをはじめ近海で取れた魚を漁師たちが直接持ち込んでその場で値付け、すぐさま店頭に並べられて鮮度抜群なこと。銀色に輝く細長い体が、まるで刀のようだとだ付けられた「太刀魚(タチウオ)」がまるごとそのまま並ぶ様子は圧巻。開店直後と午後3時ごろが最も種類豊富。
その他、水産加工品や野菜に果物、もちろんシーズンには有田みかんも!さらには蚊取り線香やご当地グッズまで、近隣市町村の特産物が一堂にそろうのも魅力です。

浜のうたせ店内

こんなにタチウオが並ぶのを見たことない!値札を見れば、すべて漁師さんの名前入り。
魚はすべて、その場で下処理や3枚おろしなど調理もしてくれます

浜のうたせ店内

ここにくれば有田市周辺の特産品が勢ぞろい。
お土産探しにも迷いません!

有田の漁港メシはやっぱりタチウオ。どーんとでっかい天ぷらがのった丼やフライがトッピングされたカレーに、有田名物ほねく天のうどんまで。“浜”のグルメを堪能して。

浜のうたせ天丼

タチウオの天ぷらが立っている! ボリュームたっぷりの「足赤海老(あしあかえび)と太刀魚の天丼」(みそ汁、漬物付き1580円)

新鮮魚介がたっぷり! もちろん、名物のタチウオもお刺身で。海鮮丼(1500円)

新鮮魚介がたっぷり! もちろん、名物のタチウオもお刺身で。海鮮丼(1500円)

浜のうたせカレー

カレーにもタチウオフライ。さすが有田!
カレー(600円)にタチウオフライ(250円)やエビフライ(300円)を好みでトッピングして召し上がれ

浜のうたせほねく天うどん

タチウオを骨ごとすり身にして揚げた「ほねく天」も有田名物。
鯛のあらでだしを取ったうどん(580円)

その他にも、にぎりや海鮮丼、セットメニューも充実していますよ。

浜のうたせ(箕島漁港)
〈場所〉  和歌山県有田市宮崎町2489
〈電話番号〉0737-23-7138(浜のうたせ)
〈営業時間〉午前9時~午後6時 ※季節により営業時間が変更になる場合あり
食堂の食事メニュー午前10時~午後1時半、それ以降はドリンクとソフトクリームのみ
〈休〉   水曜、年始 ※水曜が祝日の場合は営業する場合あり
〈駐車場〉 あり(無料)
〈店舗情報〉https://rokaru.jp/shop/49560
※実際に訪問される際は必ず事前にご確認ください。

 

とれとれピチピチの魚介をお安く買い物したり、漁港グルメを味わいに、今すぐ市場に行かねば!(^^)


※各都道府県が発表している外出自粛要請や都道府県間移動の自粛要請等をお守りいただき、お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保、マスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします。


【NEWS】和歌山ニュースはこちら
↓↓↓
ニュース用
【ロカルわかやまLINE公式アカウント】
LINEで和歌山の情報をお届け♪
友だち追加

【ロカルわかやま公式Twitter】
ロカルTwitter 
【ロカルわかやま公式facebook】
f_logo_RGB-Blue_58

【ロカルわかやま公式Instagram】
インスタグラムへリンク