レコードサイズのポップな書展 山﨑さん

作品を前に山﨑さん

書から音が流れるよう――。LPレコードサイズに描かれたポップな書作品が並ぶ「山﨑瀟(しょう)の33回転!アート書展」が12日から3月13日まで、和歌山市狐島のFOXYテラス2階にあるCDショップ「LURUMUSIC」で開かれる。

山﨑さんは海南市日方に居を構える女流作家。ライフワークはモダンな篆書(てんしょ=古代文字の一つ)。昔から音楽が好きで、制作に疲れた時はスティービー・ワンダーやビージーズを聴いて癒やされている。

今回は同店の岩橋和廣さんの誘いで、LPレコードの回転数33回転にちなんで新作33点を描き上げた。作品は漢字1字、四字熟語、松下幸之助の名言などバラエティー豊か。デビッド・ボウイらスーパースターの名前を古代文字で表現したユニークな作品もある。

山﨑さんは「絵画を見るように楽しんでいただけるとうれしいです」。岩橋さんは「ポップなところがいまの時代にぴったり。書を見ながら好きな音楽を聴いてもらうと、さらに広がるのでは」とPRしている。

展示時間は午前10時~午後7時(木曜定休)。12~14日と3月3日は作家が来展する。観覧無料。問い合わせは同店(℡073・457・1011)へ。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。