海南市が逆転V 市町村対抗ジュニア駅伝

4年ぶりの優勝を決め、喜びの海南市代表

第15回県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会(実行委員会会長・仁坂吉伸知事)が21日、紀三井寺公園陸上競技場スタート・県庁前ゴール(マリーナシティ経由)とする10区間21・1㌔で開かれ、海南市が逆転で制し、4年ぶりの優勝を飾った。序盤を海南市、中盤から和歌山市がトップに立つ、2強対決はアンカー勝負にもつれ込み、6秒差を追いつき、さらに6秒リードした海南市が1時間9分30秒でゴール。3位に田辺市が続き、前回14秒差で入賞を逃した紀美野町が7位、合併後11年連続入賞の紀の川市が8位に入った。

大会には市町村代表29チーム(北山村棄権)、オープン15チームが参加。小中学生440人のランナーが、古里の期待に応え〝たすき〟をつなぎ、熱いレースを繰り広げた。

開始式で仁坂会長は「国体の余韻が残る紀三井寺公園陸上競技場で、これからジュニア駅伝が開かれる。選手諸君、それぞれの市や町の名誉を担って、全力で走ってください」と激励した。

午前11時、仁坂会長の合図で1区走者が一斉にスタート。古座川町の大屋を先頭に、国道42号線へ激走に舞台を移した。花の1区をトップでたすきを渡したのは、海南市の川村で、チームに勢いをつける効果的な走りを見せた。2連覇を目指す和歌山市は1区で6位だったが、2区の田中が区間新の快走で5人を抜きトップを奪った。

3区ではサンブリッジのアップダウンでも和歌山市の嶝口は粘りを見せたが、終盤追い上げた御坊市の大沼と、わずか3秒差でトップが入れ替わった。4区で、和歌山市の鹿嶋が挽回、海南市や御坊市を振り切り、中盤へとレースは進んだ。5区からは和歌山市がトップを独走したが、追う海南市も8区で全国女子駅伝代表の小倉、9区では前日の練習で同区間に抜擢された田中が猛追。6秒差でアンカーにたすきが渡った。海南市の吉田は、落ち着いた走りで着実に差を詰め、トップを捕らえた後は、一気にリードを広げ、うれしいゴールテープを切った。

2連覇はならなかったが7区間をトップでつないだ和歌山市の頑張りに、地元の声援も大きかった。1位から6位の有田市までは全て市部が独占。入賞を逃したものの岩出市も9位で、上位10位内の町村は紀美野町とかつらぎ町だけだった。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。