うめ星電車のサポーター募集 和歌山電鐵

応募チラシとともにPRするニタマ駅長

和歌山電鐵は、貴志川線で6月4日から運行を予定している「うめ星電車」のサポーターを募集しており、貴志駅(紀の川市貴志川町神戸)で22日、「たま2世駅長」ニタマによるPRイベントが行われた。

イベントは「2月22日」の「にゃんにゃんにゃん」の日に合わせて行われた。コートに身を包んだニタマは、サポーター募集のチラシのそばで「ニャー」と鳴いてPR。集まった観光客ら約50人が携帯電話のカメラなどで撮影していた。

「うめ星電車」は、紀州特産の梅干しをイメージした赤色の外観、内装には障子や木製すだれを施している。

サポーターは1口(1000円)以上で応募が可能で、10口以上の応募者はうめ星電車内のプレートに名前が掲示され、10口未満の場合は和歌山駅9番ホームに3カ月間掲示される。申し込み窓口は伊太祈曽駅、和歌山駅、貴志駅たまショップと全国の郵便局。3月末までに応募すると「うめ星電車」デビュー日に名前が掲示され、4月以降の申し込み分は11月以降の掲示となる。

問い合わせは同社(℡073・478・0110)へ。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。