野党再編への一歩 民進・希望合流で岸本氏

民進党と希望の党は24日、新党協議会を国会内で開き、新党名を「国民民主党(略称・国民党)」とすることを決定。今週中にも新党を立ち上げる方針となったことを受け、希望の党の岸本周平幹事長代理(衆議院和歌山1区)はわかやま新報の取材に対し「新しい野党の大きな固まりをつくるため、一歩前に進んだ。国民の生活を大事にする野党をつくるため、決意を新たにしている」と話した。
希望の党内でも異論があり、新党に参加しない意向の議員もいることが懸念されるが、執行部として「国民を第一にした政治を目指し、ゼロからのスタート。最後まで諦めずに働き掛けをしていく」としている。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。