各界の功労たたえ 18年春の叙勲に県内41人

平成30年春の叙勲受章者が4月29日、発令された。和歌山県関係は41人(うち女性3人)で、最高齢は86歳の堀種藏さん=新宮市=、最年少は65歳の西浦秀男さん=かつらぎ町=。今回を含めた受章者は4587人(うち女性335人)となる。今月14日までに東京(一部県庁)で各省庁ごとに伝達され、拝謁が行われる。
受章者は次の皆さん。
【旭日小綬章】大桑堉嗣(76)元県公安委員会委員長、和歌山市鷹匠町▽山西陽裕(70)元日本弁護士連合会常務理事、同市吹屋町

【同双光章】小島眞哉(70)元県衣料縫製品工業組合理事長、同市藪ノ丁▽坂野日出夫(70)元太地町議会議員、同町▽酒本直昭(83)㈱酒直会長、同市吹上▽澤﨑國昭(73)元有田市公平委員会委員長、同市▽常風潤一(70)元県薬剤師会副会長、美浜町▽新垣勝(75)元海南医師会会長、同市名高

【同単光章】小川勝美(72)元岩出市商工会会長、同市南大池▽堀種藏(86)新宮市田鶴原町内会会長、同市
【瑞宝小綬章】浦文計(70)元和歌山地方検察庁田辺支部長、橋本市▽小泉昭治(70)元大阪区検察庁副検事、同市▽小林博己(70)元高松高等検察庁事務局長、同市▽白井保世(74)元県福祉保健部長、和歌山市西釘貫丁▽角田豊吉(73)元高松地方気象台長、同市秋月▽原敏晴(78)和歌山工業高等専門学校名誉教授、同市薗部▽丸山英樹(77)元県警察本部交通部長、紀の川市貴志川町長原▽安居要(74)元県理事、岩出市岡田▽山口裕市(73)元県教育委員会教育長、紀の川市貴志川町神戸

【同双光章】岡野和子(80)学校歯科医、和歌山市黒田▽神前實(71)元県弓道連盟副会長、元公立高校教諭、上富田町▽小西健之(71)保護司、和歌山市手平▽富山巖(71)、元公立中学校長、有田市▽宮本修介(73)元公立中学校長、和歌山市茶屋ノ丁▽望月和夫(72)元公立中学校長、みなべ町▽森本國昭(73)元公立中学校長、橋本市▽冷田光啓(73)元美浜町消防団団長、同町

【同単光章】生熊剛士(74)元那智勝浦町消防団分団長、同町▽浦野美惠(66)元城北保育所保育士、和歌山市松島▽蛭子圭造(73)元新宮市消防団分団長、同市▽太田義夫(72)元太地町消防団分団長、同町▽鍵野昌彦(77)元有田市消防団分団長、同市▽木村正男(75)元岩出市消防団団長、同市清水▽多田道生(76)元和歌山市消防団分団長、同市今福▽田中携志(69)元日本郵政公社職員、那智勝浦町▽中萩廣行(70)元紀の川市消防団副団長、同市貴志川町岸小野▽西浦秀男(65)元かつらぎ町消防団副団長、同町▽西川秀(70)元商業動態統計調査員、和歌山市鳴神▽橋本雅介(71)元御坊市消防団副分団長、同市▽松尾一彦(73)元海南市消防団分団長、同市小野田▽森?伸(72)元橋本市消防団副団長、同市

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。