和市自治体ポイント開始 マイナンバー活用

和歌山県の和歌山市は17日、マイナンバーカードを利用した実証事業として、「紀州わかやまポイント」と図書館の共通利用券の利用を始めた。

紀州わかやまポイントは市の自治体ポイントで、クレジットカードやマイレージなどのポイントを交換して1ポイント1円として利用できる。自治体ポイント通販サイト「めいぶつチョイス」(https://www.meibutsu-choice.jp/)から市の特産品50品目が購入できる他、和歌山城天守閣やわかやま歴史館、市立博物館、市立こども科学館でも使える。

共通利用券は西分館、コミュニティセンター図書館を含む市民図書館と県立図書館で利用可能。

いずれのサービスも事前にマイキーIDを作成する必要がある。マイキープラットフォーム(https://id.mykey.soumu.go.jp/mykey/html/MKCAS010.jsp)から登録できる。マイナンバーカード、パソコン、マイナンバーカード対応のICカードリーダーが必要。カードリーダー、パソコンは市役所の総合案内所、各サービスセンター、図書館にも設置している。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。