危険ブロック塀1万カ所超 県が相談体制

和歌山県は24日、市町村などに依頼していた通学路や地域内のブロック塀の緊急安全点検の実施結果(13日現在)を発表した。危険と思われるブロック塀は1万651カ所あり、うち通学路では4508カ所あった。

県は既存ブロック塀の撤去などに関する相談体制を構築。建築士151人がブロック塀の改修方法や費用、施工業者などに関する情報提供や助言を行う。相談は無料だが、現地相談は交通費などが必要となる場合がある。

名簿は建築住宅課ホームページ(https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/080800/d00155663.html)で確認できる。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。