りら高生プロデュースのカフェ 27日まで

「ぜひお越しください」と販売プロジェクトの生徒ら

りら創造芸術高校(和歌山県紀美野町真国宮、山上範子校長)の生徒がプロデュースした「LYRA CAFE(りらカフェ)」が23日、同校学生寮にオープン。27日までの期間限定で、野菜をたっぷり使ったオリジナルメニューが自然の中で味わえる。

さまざまなテーマで体験を通して学ぶ同校のプロジェクトの中で「販売」の生徒が企画したもの。カフェの取り組みは初めてで、リーダーの3年生、山下朱璃さん(18)ら女子生徒5人が熱意を山上校長にプレゼンテーションし、実現した。

自慢の手作りハンバーグと野菜マフィンのランチプレート(900円)や、特産のサンショウを使ったスイーツなど、メニューは4月から試行錯誤して開発し、ロゴやチラシも制作した。山下さんは「注文を頂いてから効率よく提供できるよう、勉強したい」、志茂梨恵教諭は「パイオニアとしての貴重な経験からしっかり学んでほしい」と話している。

午前11時から午後4時(最終日は2時)まで。ブログやインスタグラムで情報を発信している。問い合わせは同校(℡073・497・9111)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。