ねんりんピックのプレ 紀美野Pゴルフ大会

はつらつとプレーする出場者

2019年11月開催の「ねんりんピック紀の国わかやま」の種目の一つ、パークゴルフのプレ大会が11日、和歌山県紀美野町のかみふれあい公園で開かれた。県内外から119人(男性73、女性46)が参加し、和やかな中にも真剣なプレーを楽しんだ。

同施設には、日本パークゴルフ協会認定の、関西最多36ホールを備えるコースがあり、年に4回「紀美野町パークゴルフ大会」を実施している。今回は秋大会をねんりんピックのプレとして開催し、大会進行の他、飲み物の提供や交流をはじめ、全国からの出場者の「おもてなし」ブースの運営などを確認した。

60~80代の出場者らは4人1組でホールを回り、ナイスショットを連発。秋晴れの空の下、約2時間にわたり個人戦で競い、熱心に腕を磨いていた。

他府県で行われるねんりんピックでは県代表選手は4人だが、開催県の出場枠は24人。出場選手選考会は、29日午前9時から同施設で行われ、県は出場者を募集している。16日締め切り。先着200人。参加費700円。問い合わせは県社会福祉協議会(℡073・435・5214)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。