宵闇に映る逆さ紅葉 西之丸をライトアップ

水面に映る紅葉も美しい庭園

和歌山城の西之丸庭園(紅葉渓庭園)が紅葉の季節を迎え、ライトアップが行われている。12月上旬まで。

天守閣再建60周年事業として初めて実施。庭園を眺めるために堀に面して造られた鳶魚閣(えんぎょかく)とモミジやカエデなど周囲の木々が鮮やかに浮かび上がる。風の静かな日は内堀の水面に映る「逆さ紅葉」も美しい。

安全上の理由で夜間は園内を開放しておらず、二の丸庭園そばにある鶴の渓の階段を上がった所から鑑賞できる。日中は庭園内でより近くから紅葉を楽しむことができる。

市和歌山城整備企画課によると、紅葉は12月上旬までで、11月末から12月初旬が見頃という。ライトアップは日没後から午後11時まで。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。