名前は「彩浜」に 白浜の赤ちゃんパンダ

「彩浜」に決まったパンダの赤ちゃん(AW提供)

和歌山県白浜町のテーマパーク「アドベンチャーワールド(AW)」は17日、8月14日に生まれたジャイアントパンダの雌の赤ちゃんの名前が「彩浜(さいひん)」に決まったと発表した。

9月13日~11月16日に来園者やインターネットで名前を募集し、寄せられた12万2421点の中からスタッフが「彩浜」「舞浜」「恵浜」「夢浜」の4候補を選出。さらにこの4候補を対象に11月22日~12月8日に投票を行った結果、「彩浜」が最多の3万5858票を集めた。命名者数は2682人だった。

名前には「何気ない日常に彩りを与え、明るく前向きになれるような未来のSmile(しあわせ)を創る存在になってほしい」という思いが込められている。

彩浜はAWで最も小さい体重75㌘、全長15・5㌢で生まれ、当初は体温が保てない状態で、保育器で温度管理をしながらスタッフがサポートを続けるなど心配されたが、無事元気に成長した。

彩浜の公開は、母親の良浜(らうひん)と共に午前10時15分~午後3時、ブリーディングセンター屋内運動場で行われている。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。