故郷で感謝のツアー 川原さんフルアルバム

1stフルアルバムをリリースした川原さん

和歌山県紀の川市粉河出身のシンガー・ソングライター川原光貴(こうき)さん(31)が、1stフルアルバム「未完成の詩」をリリースした。20日には同アルバムを引っさげ、和歌山市で「関西ツアーin和歌山」を開催。生まれ育った故郷に感謝の気持ちを届ける。
川原さんは13歳の頃、父親のギターを受け継ぎ弾き語りを始めた。大学を卒業後、プロを目指して上京。都内ライブハウスやイベントへの定期出演、路上ライブ、ラジオ出演など精力的に活動し、2018年島村楽器レコメンドアーティストに選出。オリジナル曲「オーガナイズ」で全国デビューする。
クラウドファンディングを活用し、上京から現在に至るまでの9年間を詰め込んだ自身初のフルアルバムを制作。発売を記念したワンマンライブは大成功を収めた。聴き心地にこだわったメロディーと歌詞、エネルギッシュなライブパフォーマンスが幅広い世代から支持されている。
ツアーは1月から2月にかけ、広島や大阪、和歌山の3公演を予定している。20日の和歌山会場は和歌山市岡織屋小路のライブバー「Neo Garataku」で開催。アルバムに収録する全10曲をアコースティックギターで弾き語る。午後5時半オープン、6時開演。料金は3000円(別途1ドリンク代)。チケットは事前にサイト(https://tiget.net/events/43702)、または同ライブバー北口さんへ電話(℡080・3866・8813)で予約する。当日券の販売もあるが入場は事前予約が優先。詳細は川原さんのホームページ(http://kohkikawahara.com)。
川原さんは「この『未完成の詩』が少しでも明日へのエネルギーになってくれることを願い、地元の皆さまに感謝の気持ちを込めて歌を届けに行きます」と話している。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。