専修各種学校の卒業優秀生を表彰 和歌山市

晴れの受賞者の皆さん

和歌山県和歌山市内の専修学校、各種学校を今春、卒業する学生の中で、学力、品行などが特に優秀な人に対する市の2018年度表彰式が3日、市役所で行われ、17人の受賞者一人ひとりに尾花正啓市長が表彰状と記念品を手渡した。

同表彰は1966年度から実施し、今回で53回目。尾花市長は「皆さんの受賞は、高い志を持って、たゆまぬ努力をしてきたたまもの。新しい時代が目の前に開け、これまでにない変化が訪れようとしている。学んだ専門性を生かして大きく羽ばたいてほしい」と激励した。

来賓を代表して県専修学校各種学校協会の坂本順一理事長は「皆さんが学んだものは、AI(人工知能)に影響されない、人間でないとできない仕事と思う。和歌山で培った知識、技能を生かして、和歌山のために活躍してほしい」と祝辞。受賞者を代表してIBW美容専門学校の大谷愛実さんは「私たちは夢や目標を持ち、熱心な先生方の指導で無事に卒業を迎えることができ、家族や友人の支えのおかげでこの表彰を受けられた。感謝の気持ちを忘れない社会人になるよう、努力していく」と謝辞を述べた。

今回の受賞者は次の皆さん。

井戸本弘人(和歌山国際厚生学院)▽徐小静(和歌山外国語専門学校)▽HO SI NGOC DIEP(和歌山YMCA国際福祉専門学校)▽坂下裕唯(県歯科衛生士専門学校)▽田ノ岡万依子(和歌山赤十字看護専門学校)▽亀井渚(和歌山看護専門学校)▽辻本瑞紗(和歌山市医師会看護専門学校)▽福田将也(和歌山コンピュータビジネス専門学校)▽大谷愛実(IBW美容専門学校)▽松本友里(大原簿記法律&美容製菓専門学校和歌山校)▽山口さくら(大原情報医療保育専門学校和歌山校)▽山下奈岐紗(和歌山高等美容専門学校)▽土井姫名乃(高垣計算実務学校)▽古川遥佳(藤井計算実務学校)▽神谷聡佑(和歌山東部珠算学校)▽大澤玄(小上珠算簿記学校)▽青木翔太郎(アークビジネス学校)

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。