なんて素敵な和歌山 観光大使HYDE発信

「なんて素敵な和歌山なんでしょう」とつぶやくHYDEのツイッター

1月29日の誕生日に故郷でコンサートを開き、和歌山県和歌山市の「ふるさと観光大使」の委嘱を受けたロックミュージシャンのHYDE。ネット上でのつぶやきに多くのファンが反応するなど、早くも観光大使としての影響力を発揮している。

観光大使就任翌日の1月31日には“初仕事”として、ツイッターで特急列車くろしおを紹介。車両や、JR和歌山駅のホームに立つ自身の写真とともに「あっという間に新大阪でございます。」とつぶやいた。

その後は、自身のコンサートに参加したギタリストが和歌山の世界遺産などを紹介したツイートを引用リツイートし、「なんて素敵な和歌山なんでしょう(観光大使)」とコメントを添えた。

2日には、キーボードを担当したメンバーが投稿した、願い事をしながらくぐると願いがかなうという淡嶋神社の紀文の帆柱の動画も引用リツイート。またも「なんて素敵な和歌山なんでしょう(観光大使)」とつぶやくと、以後、ハッシュタグ「#なんて素敵な和歌山なんでしょう」が登場。ネットでは、全国から訪れたファンが和歌山城や紀三井寺、加太などの観光地やグルメについて、写真を交えて紹介。和歌山の魅力を伝えるツイートが広がっている。

ファンからは「大使と和歌山の観光地を巡るツアーをやってください!!」「みんなで和歌山に行こら」「ふるさと納税しようかな」など、さまざまな書き込みが寄せられている。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。