紀州漆器のメダル完成 秋のねんりんピック

完成した大会メダル

今秋開催される「ねんりんピック紀の国わかやま2019」の大会メダルが完成し、12日に披露された。

メダルは金、銀、銅と優秀賞(入賞)、参加賞の全5種類。紀州漆器協同組合が制作した。

メダルには公式シンボルマークの他、大会の記念となるよう県花の梅をデザイン。紀の国わかやま国体・大会と同様に紀州漆器の技法を用いて仕上げた。直径は金銀銅が約6㌢、優秀賞が約5㌢、参加賞が約4㌢。計2万個を制作する。

同日の定例記者会見で仁坂吉伸知事は「紀州漆器の技術を使った和歌山らしいメダルになった。ものすごくいいんじゃないか」と話していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。