虹コン清水理子さんを委嘱 和市観光発信人

「和歌山を好きになってもらえるよう頑張ります」と清水さん

和歌山市の観光情報を和歌山県内外に発信する「和歌山市観光発信人」に、12人組アイドルグループ「虹のコンキスタドール(虹コン)」メンバーで市出身の清水理子さん(22)が決まり、18日に市役所で委嘱式が行われた。

虹コンは2014年結成。17年に「ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド」でメジャーデビューし、オリコンウィークリーチャート3位に。結成5周年を控えた7月10日にシングル「愛をこころにサマーと数えよ」を発売する。

清水さんは県立桐蔭高校卒業。昨年、オール和歌山ロケの映画「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」に出演し、主題歌「Colorful~あなたといた時間~」でソロデビュー。舞台あいさつなどで和歌山を訪れ、ライブでも和歌山出身をアピールしていたことから市観光協会が発信人を依頼した。

委嘱式は市長室で行われ、尾花正啓市長から委嘱状とオリジナル名刺を受け取った清水さんは「映画の舞台あいさつで和歌山に来てくれたファンの方が『良いところ』『また来たい』と言ってくれたのがすごくうれしかった。これからそんな活動をたくさんしていきたいです」と意気込みを話した。

現在は東京在住だが、休みが取れれば和歌山に帰り、和歌山ラーメンを食べたり、紀伊風土記の丘で勾玉(まがたま)作りをしたりして楽しんでいる清水さんは「和歌山は空気が和やかで優しくなれる場所。自然もおいしいものもたくさんあるので、来たら好きになってもらえると思います。舞台あいさつはソロでしたが、メンバーみんなを連れて和歌山でライブをやりたいです」と語った。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。