既成概念を覆し変化 魚住さんが4枚目CD

発売されるCDのジャケット画像

和歌山県和歌山市のシンガー・ソングライター魚住弘樹さん(56)が、4枚目のシングルCD「Change(チェンジ)」を19日に発売する。シンセサイザーを使った軽快なダンス音楽が聴きどころ。魚住さんの幅広い表現力が凝縮された一枚で「これまでに全くない、摩訶不思議な楽曲ができた。既成概念を打ち破り、変化しながら突き進んでいきたい」と話している。

CDには4曲を収録し、タイトル曲の「チェンジ」は、電子音やスクラッチを交えた曲。ラジオボイスをアクセントに、ドスの効いたR&B調の魚住さんの歌声が印象的なナンバー。

また、愛のささやきを表現した「アモーレパローレ」は、前回CDからのラテンの要素を引き継ぎ、リズミカルで脈打つような言葉の繰り返しが耳に残る。その他、前作「マイヤコンディアス」のエレクトロニックダンスミュージックバージョンなども。

魚住さんは「メロディーに日本語が乗らない部分もあり、曲と歌詞をどう融合させればよいか心を砕いた。自分でも想定外のことが多いですが、それを楽しみながら、限界をつくらずに音楽と向き合っていきたい」と話している。

1000円(税込み)。イオンモール和歌山の島村楽器などで販売。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。