緑一色アート展 じゃんじゃん横丁カフェで

作品展を企画した、たるいさん

アート展「THEGREEN PIECE」が、和歌山県和歌山市島崎町の「じゃんじゃん横丁」内で開かれている。会場となったカフェは張り出し窓が特徴的な建物内にあり、1、2階には、飲食や絵画、小物、音楽に至るまで、緑色がテーマの作品がずらり。何度も訪れる人がいるほど楽しい企画になっている。23日まで。

作品展の発起人は岩出市のたるいのりかずさんと、和歌山市のモコモコさん。ジャンルを問わず、アートを手掛ける友人らにテーマ展の声を掛け「色の縛りで、どのような作品が生まれるのかが楽しみでした」。

大きな窓のある2階の小部屋には、写真などパネルタイプの作品約30点の他、販売もされているアクセサリーや多肉植物の小物など39人のアーティストの作品が並ぶ。

アートの並ぶ空間で、週末にはライブも行われ、23日の最終日には素和歌の2人と平野陽平さんが演奏。1階はカフェスペースで、アーティストも飲食の提供を担当。抹茶を活用したメニューなどが楽しめる。

たるいさんは「作品展がさまざまな人がつながる交差点になり、予想外のことが生まれたら」と多くの来場を呼び掛けている。

平日は午前11時から午後8時まで、金~日曜は午前11時から午後10時まで。
問い合わせはモコモコさん(℡080・6157・1148)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。