濃厚な仕上がり期待 中野BCで梅酒仕込み

職人が豪快に梅をタンクに投入した

「梅の日」の6日、和歌山県海南市藤白の中野BC㈱(中野幸治社長)で令和初の梅酒の仕込みが始まり、この日は南高梅8500㌔、約20万粒を漬け込んだ。

職人9人が朝摘みされた南高梅を水洗いして水切りした後、醸造アルコールと砂糖の入ったタンクに次々と投入した。今シーズンは約1カ月かけて、南高梅約500㌧をタンク42基に漬け込む。

ことしは、気温が低く降雨が少ないという気象条件から、果実は小粒の傾向。そのため、例年と同じ重量でも使われる果実の粒数は多く、梅味の濃い〝パンチの効いた〟梅酒に仕上がるとみられている。

採れたての梅の甘酸っぱい香りと味わいを閉じ込めた梅酒は、ことし12月に新酒「梅酒ヌーボー」として提供され、来年の秋ごろには国内各地をはじめ、中国や香港、オーストラリア、欧州など約20カ国に出荷する。

梅酒杜氏の山本佳昭さん(49)は「令和の新時代を祝い、より一層多くの人に梅酒を楽しんでいただけたら」と話していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。