お願いごとかなえて 岡山幼園児が七夕ササ飾り

かわいい願い事をササ飾りに託す園児

和歌山市立岡山幼稚園(松本幸子園長)の園児約70人が14日、同市吹上の和歌山県立博物館エントランスホールで七夕のササ飾りを行った。

「けいさつかんになりたい」「ぴあのをじょうずにひきたい」「かいしゃにいくぱぱになれますように」など、願いはさまざま。

お兄ちゃんとサッカーを楽しんでいる石川道梧(どうご)君は、「将来はサッカー選手になりたい」と笑顔。尾﨑椋(りょう)君(5)は「家を作る人になりたい」と未来の自分を夢見た。

ササ飾りは7月7日まで同所に設置されている。主催した同館友の会(向井睦会長)は「短冊を用意しているので、一般の方もぜひ願い事を書いてください」と話している。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。