美しい音色響く 県警音楽隊たそがれコンサート

迫力ある演奏を披露する県警音楽隊

和歌山県警音楽隊(森敏三楽長)による「おまわりさんの『たそがれコンサート』」が14日、和歌山市吹上の県立博物館エントランス広場で行われ、子どもから高齢者まで約250人が迫力ある演奏に聴き入った。

音楽を通じて県民との交流を図ろうと毎年6~8月に行われる恒例行事で、ことしで48年目を迎えた。
スピッツの「チェリー」や、人気アニメ「名探偵コナン」の主題歌、歌謡曲など10曲を披露し、息の合った音色を会場に響かせた。

カラーガード隊がことし創設35周年を迎えたことから、愛称名を「P―WINGS(ピーウイングス)」とすることを発表。「P」は警察(ポリス)、県民(ピープル)、県特産の梅(プラム)、演技(パフォーマンス)などの頭文字と紹介し、ダンスなどで演奏に花を添えた。

ねんりんピック紀の国わかやま2019大会テーマソング「あしたへと」の演奏では、県マスコットキャラクター「きいちゃん」が登場し、会場は大盛り上がり。開催の機運も高めた。

訪れた同市の大岸愛子さん(16)は「どの楽器もすごく上手で驚いた。サックスが良くて勉強になりました」、同市の宇野朱華さん(16)は「とても音がきれいで引き込まれました」と笑顔だった。森楽長は「夏の風物詩。夕涼みをして演奏を聴いていただき、多くの人に楽しんでもらえれば」と話した。

第2回の開催は7月12日、第3回は同月26日、第4回は8月9日、第5回は同月23日。いずれも同所で午後6時から。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。