参院選へ投票呼び掛け 看板、のぼり設置

県庁前に設置された参院選の啓発看板

4日公示、21日投開票の参院選に向けて和歌山県選挙管理委員会は2日、選挙期日を啓発する立て看板を和歌山市の県庁前に設置した。

看板の大きさは縦1・5㍍、横12㍍。県選管として今回初めて啓発事業の民間委託を行い、プロポーザル方式で決定した業者の提案による看板には、「みんなで選挙」と記されたロゴなどが採用されている。

県選管として、公示期間中の街頭啓発や広報車による投票の呼び掛けなどは従来通り行う。

この日は啓発用のぼりの設置も始まり、和歌山市内はJR和歌山駅前や南海市駅前、メッサオークワガーデンパーク前の国道26号沿いなどに計135本を掲げる。県内全体では約1600本を順次設置することになっている。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。