シード海南が初戦で涙 前半の好機生かせず

初戦で敗れ、重い足取りで引き揚げる海南の選手たち

第3試合はシード校の海南が熊野と対戦し、8―2で敗れた。

◇第3試合
海南
100000100―2
00001502×―8
熊野

〔海〕森、岩橋―井口〔熊〕久保、太田智―太田寛▽本塁打=髙田(海)丸山(熊)▽3塁打=丸山(熊)▽2塁打=髙田、高橋2(海)太田智、青木修、丸山(熊)

海南は1回表、2死1、3塁から5番・井上の内野安打で1点を先制。その後は再三走者を出すも本塁が遠く、7回に2番・髙田の右越え本塁打で1点を返すのがやっとだった。

先発したエース・森は、6四死球を与えるなど制球に苦しみ再三走者を背負う苦しい投球。5回に自身の暴投で追い付かれると、6回には満塁本塁打などで一挙5点を失った。代わった岩橋も相手打線の勢いを止められず、追加点を許した。

森本直寿監督は「狙い球を絞り切れず、相手投手に変化球でかわされた。投手の調子が大会までに上がり切らなかった」と敗因を語り、6回に許した満塁本塁打について「一番マークしていた打者。もっと注意しなければいけなかった」と悔やんだ。「3年生は一生懸命練習してくれた。力を出し切れなかったが、その原因は分からない」と話していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。