LINEで中高生の教育相談 県教委が開始

和歌山県教育委員会は、無料通話アプリLINEを使った中高生向けの教育相談を19日から開始する。

これまで県内9カ所の教育相談ルームでの対面や「子供SOSダイヤル」などの電話で相談を受け付けていたが、子どもたちがSNSを日常的に利用する状況を受けて、身近な通信手段のLINEでの相談窓口を開設。2020年1月31日までの開設で、祝日と年末年始を除く月曜日から金曜日の午後5時から9時まで相談を受け付ける。

県内の中学校、義務教育学校の後期課程、高校、特別支援学校中学部・高等部の生徒が対象。LINEアカウント「和歌山県SNS相談@」を友達登録すると、相談メッセージについて専門機関のカウンセラーがLINE上で対応してくれる。

電話、教育相談ルームでも相談は引き続き受け付ける。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。