粉河が高野山に快勝 3回戦は智弁と

7回表、相手守備が乱れる間に松本が生還(粉河)

◇2回戦
第1試合
紀北工業
000000000 0
神島
00400000× 4
〔紀〕水落―中北〔神〕岩間、左向―鈴木▽3塁打=蓑田(神)▽2塁打=蓑田、岩間(神)

第2試合
粉河
100200110 5
高野山
100000000 1
〔粉〕木村壮―堀内〔高〕塩路、川角―田中▽本塁打=小林(粉)▽2塁打=桂(高)

投打がかみ合った粉河が終始試合を優位に進めた。同点で迎えた4回表、四球で出た玉置を二塁に置き、1番の小林が左越えに2点本塁打を放ち勝ち越した。7、8回は安打で出た走者が相手守備が乱れる間に生還する得点パターンで1点ずつ追加し、突き放した。

今大会初先発の木村壮吾は、初回を1失点で乗り切ると、2回以降はチェンジアップを有効に使い相手に得点を許さなかった。5回、7回のピンチでは外野手が好返球を見せて相手走者の生還を阻止した。

粉河の富樫大地監督は木村壮について「投手として一番結果を残してきたので大事な試合は木村と決めていた。直球と変化球の両方でストライクが取れ、気持ちで負けずに粘り強く投げてくれた。安心して見ていられた」と笑顔。小林の本塁打については「一番努力した選手。感動した」と振り返った。

木村壮は「変化球の制球が良く、特にチェンジアップで緩急をつけることができた。立ち上がりは緊張したが回が進むにつれて楽に投げられた。球数も抑えられたので疲れも感じなかった」と涼しい表情だった。

高野山の徳衛征也監督は「木村君のチェンジアップにやられ、伸び伸び投げさせてしまった。小林君の打撃には気を付けていたが、乗せてはいけない打者を乗せてしまった」と無念さをにじませた。

粉河は3回戦で智弁和歌山と対戦する。富樫監督は「状況に応じて犠打も絡めながら攻めたい。勝つために何が必要か試合までにしっかり考える」と話していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。