和商及ばず惜敗 好機にあと一本出ず

8回表1死2塁、坂本の適時3塁打で追い付く(和商)

◇2回戦
第3試合
和歌山商業
000000110 2
近大新宮
00020002× 4
〔和〕榎本、松尾―高岡〔近〕清岡、川口―榎本▽3塁打=坂本(和)▽2塁打=岡、佐々木、前川(和)米田2(近)

和歌山商業は好機であと一本が出ず、競り負けた。2点を追う7回表は無死から5番・佐々木、6番・前川の連続2塁打で1点を返したが後続が倒れ1点止まり。8回は1死2塁から3番の坂本が右越え適時3塁打を放って同点とし、なお1死1、3塁と攻め立てたが、前の打席で快音を響かせた佐々木、前川が倒れた。

守っては、14日の初戦で5回9失点と打ち込まれたエースの榎本が好投。走者を背負っても粘り強く投げたが、味方が追い付いた直後の8回裏に適時2塁打を浴びて勝ち越された。代わった松尾もスクイズを決められ重い4点目を失った。

田中誠藏監督は榎本の投球について「初戦は硬さもあったと思う。奮起して良い球を投げてくれた」と高く評価。「(相手先発の)清岡投手の緩い球を引っ掛けてしまった。後半の好機であと一押しができなかったが、3年生の中軸打者で駄目だったらしょうがない。3年生は入学した頃、野球をよく分かっていなかったが、ここまで戦えるまで本当によく成長してくれた」と目を細めていた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。