智弁が明徳を圧倒 3本塁打で逆転勝ち

7回表、細川が勝ち越しの3点本塁打を放つ

第101回全国高校野球選手権大会は8日目の13日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦4試合があり、和歌山県代表の智弁和歌山は7回に3本塁打を集め7―1で明徳義塾(高知)に逆転勝ちし、3回戦進出を決めた。

◇2回戦
智弁和歌山
000000700―7
000010000―1
明徳義塾

〔智〕矢田、池田陽―東妻〔明〕新地、服部―安田▽本塁打=細川、根来、東妻(智)▽2塁打=東妻、池田陽(智)服部(明)

智弁が集中打で甲子園常連校対決を制した。6回まで相手の技巧派左腕・新地の前に打線がつながらず重苦しい雰囲気も漂ったが、7回に1死1、3塁から1番の黒川主将がファウルで粘った末に遊撃へ適時打を放ち追い付くと、2番の細川が右翼席に勝ち越しの3点本塁打。さらに5番の根来、6番の東妻にも本塁打が飛び出し、この回6安打を放って相手を突き放した。

先発は2年生左腕の矢田。毎回のように走者を背負うも変化球を軸に粘り強く投げ、5回を1失点。6回からはエースの池田陽が登板し、140㌔台中盤の直球とスライダー、カットボールで相手に1安打しか許さなかった。

中谷仁監督は「相手投手に制球良く攻められ、なかなかチャンスがなかったが、7回はチーム全員の勝つんだという気持ちが出た。池田陽佑は甲子園に来てからエースの風格が出てきた」と振り返り、好投手の奥川恭伸を擁する星稜(石川)との3回戦に向け「次も部員36人全員でぶつかり、良いゲームをしたい」と話した。

勝ち越しの3点本塁打を放った細川は「つなぐ意識で打席に立った。練習から良い感じで打てていた。打ったのは真ん中高めの直球。最高の感触だった。日本一を取り、長い夏にしたい」と笑顔を見せていた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。