名称は「キーノ和歌山」 和歌山市駅の複合施設

吹き抜けで開放的な改札正面イメージ

南海電鉄(遠北光彦社長)は、和歌山市駅周辺で建設を進める複合施設の名称を「キーノ和歌山」に決めたと発表した。飲食店や医療機関、ホテルなどが入り、2020年4月下旬に開業予定。市の玄関口に新たにできるランドマークとして、さらなるまちの活性化が期待される。(写真は南海電鉄提供)

名称には「紀の国」和歌山の玄関口として、周辺のエリアを明るく照らす活性化の旗印になってほしいとの願い、出会いや始まりのきっかけが生まれる場所にとの願いが込められている。

施設はオフィス、商業、ホテル、公益施設、駐車場の各棟で構成され、オフィス棟と駐車場棟はすでに開業。公益施設棟には市民図書館が入る。

商業棟とホテル棟の1~3階は約30店舗が入る。

市駅の改札正面の通路は3階まで吹き抜け空間となり、駅と街をつなぐ開放的でにぎわいのある玄関口をイメージしている。1、2階通路の天井部分などに紀州材を使用し和歌山らしさを表現している。

1階は「和歌山の新しい玄関口・日常を彩るデイリーユースのフロア」で、「わざわざでも行きたくなる」をテーマに、野菜・魚・肉の専門店が厳選した高品質な生鮮食品や和歌山ならではの食材を購入することができる。

2階は「和歌山を感じる〝レストラン〟のフロア」で海・山の幸など和歌山ならではのグルメを味わえるダイニングフロア。「あえて行きたい」をキーワードに、県内の人気店が入る予定だ。

3階は「和歌山市民の生活に寄り添う〝美と健康〟のフロア」。専門医が診察に当たり、調剤機能も併設する。

ホテル棟の4~12階には「(仮称)カンデオホテルズ和歌山」が入る。客室数は120室。「ビジネスホテルの価格帯でシティホテル並みのラグジュアリーを」をモットーに毎日60品目以上の健康朝食ビュッフェがあり、最上階には露天風呂付き大浴場を設ける。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。