高校野球新人戦4強決まる 秋季2次予選に進出

2019年度和歌山県下高校野球新人戦は1日、和歌山市の紀三井寺公園野球場で準々決勝4試合が行われ、那賀、市和歌山、和歌山商、日高中津の4校がベスト4に進んだ。

4校は秋季近畿地区高校野球大会の県1次予選を免除され、1次予選の上位4校を合わせた8校で2次予選を戦う。2次予選の上位2校は、来春の選抜高校野球大会出場の参考とされる近畿大会(10月19日~、奈良県橿原市)に県代表として出場する。

新人戦の準決勝は7日、田辺市の田辺スポーツパーク野球場で行われ、午前9時から那賀―市和歌山、11時半から和歌山商―日高中津が対戦する。

◇準々決勝
紀央館
000000000―0
00000400×―4
那賀

〔紀〕井戸、山田―藤原〔那〕前田、中村、坂中―田村

桐蔭
004000000―4
00050001×―6
市和歌山

〔桐〕竹田、森下―花田〔市〕小園、岩本―松川▽2塁打=箕嶋(桐)壹岐、岩本、上原、平林(市)
和歌山商

011400001―7
000101000―2

日高

〔和〕松尾―高岡〔日〕新野、湯川―川畑▽2塁打=児玉、小池、村上(和)村松、清水(日)
日高中津
60050―11
00000―0
箕島

(5回コールド)

〔日〕太田、土川―廣岡〔箕〕中川、東岡、筋原―梅本大▽2塁打=土川、菅原、原大、太田(日)

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。