BBQやカヌー体験も 紀の川沿いでイベント

紀の川を眺めながらのんびり過ごせる(実行委員会提供)

南海電鉄和歌山市駅の近くを流れる紀の川沿いの緑地で、ピクニックやバーベキューなどを楽しむイベント「シエキノカワでピクニック。」が22日、紀の川第5緑地「シエキノカワひろば」で開かれる。駅周辺の活性化に取り組む市駅グリーングリーンプロジェクト2019実行委員会(委員長=永瀬節治和歌山大学観光学部教授)が主催。市民が日常的に河川敷に親しむきっかけをつくろうと企画した。

イベントでは、ヤギとのふれあいやカヌー、ハンモックでゆったりと過ごしたり、ヨガなどを体験したりでき、肉や野菜を持参せずにバーベキューが楽しめる。和歌山大学の音楽系サークルによる演奏の披露もある。

このほど市役所で開かれた会見で、永瀬委員長は「ターミナル駅と大きな川の距離がここまで近い都市は全国を見渡しても少ないのではないか。体験イベントは初心者でも楽しめるのでぜひ来場していただき、紀の川に親しみを持ってほしい」と呼び掛けた。昨年は約300人だった来場者数について「600人くらいを目指したい」と意気込んでいる。

午前10時から午後4時まで。カヌーとバーベキューの体験は有料でカヌーは大人ペア3000円、親子ペア2500円、バーベキューは2人前3000円、ヨガは無料。先着順で申し込みを受け付けている。

体験や展示など12、13日関連企画

また関連イベントとして、12、13両日は同市中心部の店舗や施設で、さまざまな体験ができるイベント「市駅・まちなかまちぐるみミュージアム」が開かれる。南海電鉄和歌山車庫の見学会や、ふうせんロケットづくり、グラウンドゴルフ体験、珍しいカメラの展示などができる。両イベントとも、詳細は同団体のホームページ(http://shiekiggp.wixsite.com/wakayama-ggp)で確認できる。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。