県勢7選手の指名に期待 プロ野球ドラフト

右から黒川、東妻、落合、角田、津森

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト)が17日、東京都内のホテルで開かれる。和歌山県関係選手は、高校生4人、大学生3人の計7人がプロ志望届を提出し、有力候補の豊作年となっており、指名ラッシュに期待が高まる。

高校生では、和歌山東の落合秀市、慶風の角田涼馬の両右腕、5季連続で甲子園に出場中の智弁和歌山から黒川史陽内野手、東妻純平捕手がプロ志望届を提出している。

落合は185㌢の長身から好調時は150㌔近い速球を投げ込み、柔らかい腕の振りから繰り出す変化球もキレがある。将来性への期待は高く、今夏の和歌山大会では多くのスカウトが紀三井寺球場に足を運んだ。

角田は140㌔前後の直球とカットボールが軸の投手。打者としての能力も高く、今夏の和歌山大会では4番に座り、田辺との初戦で4安打を放った。

黒川、東妻は、1年時の夏から甲子園を経験しており、ともに高校通算本塁打が30本を超える強打者。

黒川は広角に打ち分ける打撃が魅力で、学年が上がるにつれて打球に力強さが加わり、今夏の和歌山大会では準決勝、決勝の大一番で2試合連続本塁打を放つなど勝負強さを見せた。練習熱心な姿勢も光る。

東妻は遠投約125㍍の強肩を誇り、プロ野球の阪神や楽天で捕手としてプレーした同校の中谷仁監督からの指導でリード面も成長。走者の離塁が大きいと見るや矢のようなけん制球を投げ込む。兄の東妻勇輔は昨年のドラフトでロッテに2位指名された。

大学生では、東北福祉大の津森宥紀投手(和歌山東高出身)、大阪大谷大の米田知弘投手(橋本高出身)、和歌山大の田淵公一郎外野手が志望届を提出している。

津森は右横手から打者の内角に150㌔近い速球を投げ込む。昨年の全日本大学選手権では先発、救援にフル回転。東北福祉大の14年ぶり優勝に貢献し、日米大学選手権の日本代表にも2年連続で選ばれた。

米田は最速150㌔を誇る本格派右腕。エースとして近畿学生リーグ2部に所属するチームを1部に昇格させようと奮闘してきた。

田淵は170㌢と小柄ながら、ミートの巧さと俊足を武器に近畿学生リーグ1部で活躍し、今春のリーグ戦ではベストナインに輝いた。同大によると、独立リーグや社会人野球でのプレーを視野に入れているという。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。