日曜に乳がん検診を 20日マンモサンデー

「20日は検診へ」と櫻井院長㊧と真知さん

NPO法人J・POSH(ジェイ・ポッシュ)が実施する、日曜日に受けられる乳がん検診「ジャパン・マンモグラフィーサンデー(JMS)」が20日に全国の賛同医療機関で行われる。和歌山県内では和歌山市、橋本市、御坊市の4医院で実施。ことしから参加した和歌山市三のさくらい乳腺外科クリニックの櫻井照久院長は「気になる症状があっても、なかなか病院に行けないという人に知ってもらいたい」と話している。

JMSは子育てや仕事、介護などで平日検診に行くのが難しい人のために、毎年10月の第3日曜日に乳がん検診を行う取り組みで、2009年に開始。乳がんは日本人女性の11人に1人がなるといわれ、患者数は年々増加。20代から発症し、45歳、65歳でピークに。一方で早期発見ができる可能性が高いがんで、早期発見・早期治療により治る人も増えている。

マンモグラフィー検査は乳房を挟んでレントゲンを撮影するため、「痛い」「内出血を起こす」といったイメージを持ち、不安から検診に行かない人もおり、また検診を受けたくても忙しくて平日に病院に行けない人も多い。JMSは、マンモグラフィー検査は機械や技師によっては強い痛みを感じるものではないことを知ってもらい、一度検診に行くことで今後も行きやすく、定期健診のきっかけづくりにしてもらうことを目指す。市内では同院の他、中江病院も賛同医療機関に登録されている。

さくらい乳腺外科クリニックは県内で唯一の日本乳癌(がん)学会が認定する乳腺専門クリニック。同院ではマンモグラフィーとエコー、触診を実施。マンモグラフィー検査は女性の放射線技師が対応し、検査結果も当日中に分かる。市町村の検診にも適応しており、和歌山市民で40歳以上の女性であれば2000円、70歳以上は1000円で受診でき、紀の川市民は40~59歳の女性は無料、岩出市民は40歳以上の女性であれば無料。午前9時から午後1時までで、予約優先だが当日も可。

櫻井院長は「年々患者は増えているが、早期発見でほぼ治る病気になった。大切な人のために検診を受けてほしい」、放射線技師の櫻井真知さんは「JMSが検診のきっかけになり、定期健診の習慣につながっていけば」と話している。

予約、問い合わせは同院(℡073・448・3366)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。