ドラフト県関係4人指名 智弁黒川や東妻ら

中谷監督(奥)と、ドラフト会議で指名を受けた黒川選手㊧、東妻選手

プロ野球のドラフト(新人選手選択)会議が17日、東京都内のホテルで開かれ、和歌山県内の高校生では智弁和歌山高の黒川史陽内野手が東北楽天に2位、同校の東妻純平捕手が横浜DeNAに4位で指名を受けた。和歌山東高出身で東北福祉大(仙台市)の津森宥紀投手は福岡ソフトバンクに3位、御坊市立御坊中出身で大阪桐蔭高の中田惟斗投手はオリックスに育成3位で指名を受けた。
黒川、東妻の両選手は1年夏から5季連続で甲子園に出場。ともに1年秋からレギュラーに定着し、チームを引っ張ってきた。
会見場に姿を見せた黒川選手は、2位での指名について「びっくりしている。純平の方が先に指名されると思っていた。自分のやってきたことを野球の神様は見てくれていたのかなと思う」と笑顔。「打つことに一番自信があり、アウトにならない打者を目指している。打率4割を達成したい」と話し、難しい球も安打にする類まれない打撃技術をプロでも発揮する決意を示した。高校時代は主に二塁を守ったが、「内野ならどこでも守れるようにしたい。守備は課題なので今、重点的に鍛えている」と強調。楽天や仙台の印象について尋ねられると2013年の日本一を挙げ、「野球で地域が一つになれることを証明したと思う。一日も早く寒さに慣れるようにしたい。けがは絶対にしたくない」「(二塁を守り3番を打つ)浅村(栄斗)選手を目標としている。いつか追い越せるようにしたい」と話した。
楽天でプレーした経験のある中谷仁監督は「一流のプロ野球選手が長けているところを伝えたい。黒川は練習の虫で責任感が人一倍強い。堅実な打撃をはじめ全てを磨いてほしい」と期待を寄せた。
東妻選手は「指名されるまでの間は長く感じた。憧れていたプロに入れるのでうれしい」と安堵(あんど)の表情。DeNAの印象について「ラミレス監督のもと最近強くなっていて良い投手も多い」と語り、エースの今永昇太投手や今季新人で7勝を挙げた上茶谷大河投手の名前を挙げ、「バッテリーを組みたい」と目を輝かせた。遠投約125㍍を誇る強肩が注目されており、「肩の力やフットワークの良さが評価されたと思う。(正捕手の)伊藤光さんのようなスピード感のある捕手になりたい」と決意。高校時代は甲子園で2本塁打を放つなど長打力も光ったが、「長打をバンバン打つのではなく、アベレージヒッターとして高い打率を残したい」と話した。
高校入学後に内野手から捕手に転向した東妻選手。捕手出身の中谷監督は「捕手歴は浅いが、肩は強くて体も丈夫。誰よりも厳しく指導してきた。大活躍する正捕手になれるように応援したい」と顔をほころばせた。
会見の後は野球部員が集まるグラウンドで胴上げが行われた。同級生でエースとして活躍した池田陽佑投手は「黒川は誰よりも練習する」と認め、山本雄太投手は「東妻はいつも笑顔で『大丈夫』と声を掛けてくれるので気持ちが楽になる。2人とも指名されてうれしい」と話していた。
和歌山東高では、OBである津森投手のソフトバンクからの指名が伝えられる一方、指名が有力視された同校3年で最速148㌔右腕の落合秀市投手の名前が呼ばれることはなかった。米原寿秀監督は津森投手について「大学で磨きをかけ良い投手になった。うれしい。直球で力強い投球をしてほしい」と期待。落合投手の今後については「野球は辞めて就職します。あっさりした子なので、『もういいです』と言っていました」と話していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。