国民文化祭へ一致団結 盛り上げ隊が発足式

国民文化祭の発信を誓う盛り上げ隊メンバー

2021年に県内で初めて開かれる「紀の国わかやま文化祭2021」(第36回国民文化祭・わかやま2021、第21回全国障害者芸術・文化祭わかやま大会)をPRする盛り上げ隊の発足式が25日、和歌山市の和歌山県庁で行われた。

盛り上げ隊は県内の文化や芸術、障害福祉の団体29と市町文化協会で構成。発足式には24団体の代表が出席し、仁坂吉伸知事から一人ひとりに委嘱状が交付された。

仁坂知事は「多くの県民の方に心を寄せていただき、和歌山中が文化祭で盛り上がるようにしたい。大いに文化祭のことを発信していただきたい」と呼び掛けた。構成団体を代表し、県民謡連合会の藤原真千子さんときのかわ支援学校OBチームDRUM輪の石井勝式さんが「歴史に残るような優れた文化祭になるように精いっぱい頑張ります」と決意表明した。

盛り上げ隊は今後、さまざまなイベントへの参加やテレビ、ラジオなどへの出演などを通して文化祭をPRする予定。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。