ぶどう山椒ポテチ 18日からカルビーが販売

ぶどう山椒を使ったポテトチップス

大手菓子メーカーのカルビー㈱(東京都千代田区、伊藤秀二社長)は、和歌山県産の「ぶどう山椒」を使用した「ポテトチップスぶどう山椒味」を18日から、近畿2府4県のコンビニやスーパーマーケットなどで販売する。12月下旬までの期間限定。

同社は各都道府県の地元ならではの味を開発する「ラブジャパン」プロジェクトを進めており、2017年度から各地の味を再現したポテトチップスを数量・期間限定で発売している。和歌山の味を再現したポテトチップスは、2017年度の「はちみつ南高梅味」、18年度の「和歌山ラーメン味」に続き3回目。新商品は県産のぶどう山椒を100%使用しており、ぶどう山椒の爽やかな香りとピリッとした辛みが特長で、同社研究開発本部開発1部の日下里菜さんは「ぶどう山椒は香りも良いので、袋を開けた時の香りも楽しんでいただけたら」と話している。

12日には、同社西日本営業本部の石辺秀規本部長や興津智幸近畿支店長らが県庁に下宏副知事を訪問。石辺本部長は「地元ならではの味を紹介することで地域に元気になってもらいたい。商品を食べて和歌山のことを知っていただけたら」と期待を寄せ、下副知事は「味見したら山椒の味が結構して、これだったら売れるのではと思った。東京や大阪などでもたくさん買っていただき(ぶどう山椒を)広めていただければ」と話した。

価格は130円前後(税込み)。近畿2府4県の量販店やコンビニエンスストアの他、同社のアンテナショップ、東京都千代田区の県アンテナショップ「わかやま紀州館」で販売する。在庫がなくなった場合は期間中でも販売終了となる。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。