山田隆英さんが一席 勤労福祉会館写真コン

山田さんの作品「乱舞」

和歌山県勤労福祉会館主催の第33回写真コンテストの入賞者が決まり、一席(同館館長賞)に、海南市の山田隆英さんの「乱舞」が選ばれた。

今回は139人が243点を応募。山田さんの作品は、愛知県豊田市の祭りで、秋晴れの高い空に舞う紙吹雪と、その奥に見える山車や鳥居を祭りの臨場感とともに写し取った。審査を担当した写真家の林巧さんは「祭りの写真で重要なのは、勢いや空気感が伝わるかどうか。大胆な構図と勢いがとても良かった」と高く評価した。

応募作品は27日から12月1日まで、和歌山市北出島の同館1階喫茶室で展示される。午前9時から午後5時(最終日は3時40分)まで。

問い合わせは同館(℡073・425・3335)。

その他の入賞者は次の皆さん。

【二席・県中小企業団体中央会会長賞】髙瀬捷一「夜明け」

【三席・県労働者福祉協議会会長賞】中道克巳「恐」

【奨励賞】田村有樹子▽土井喜澄▽中西克仁▽橋本清▽宮下宏

【入選】東正高▽井沼和明▽上野資子▽上野山順子▽田中嘉宏▽であいのりこ▽中畑友希▽野島満▽林祐次▽平山弘

【期待賞】石垣美子▽下向栄一▽土屋耕一▽西牟田えりか▽吉村登

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。