工事中ビルから鉄パイプ落下 通行人の男性死亡

鉄パイプ落下の事故があったビル(奥)

19日午前8時25分ごろ、和歌山県和歌山市十三番丁の酒直ビルの北側道路上に工事現場の資材の鉄パイプ(長さ約1・5㍍、重さ約5㌔)が落下し、通行人で大阪市中央区に住む銀行員の男性(26)の頭に直撃し、男性が死亡した。

和歌山西署によると、12階建てビルの最上部で社名の看板周辺に設置していた足場の撤去作業を行っていたところ、鉄パイプ1本が通行していた男性の頭部に落下したという。

119番通報により、男性は心肺停止の状態で救急車で病院に搬送されたが、約4時間半後に死亡が確認された。

事故の詳しい状況は捜査中。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。