2億9600万円超に 台風19号の農林水産被害

和歌山県は25日、10月12日の台風19号による県内農林水産業への被害が、総額2億9621万2000円に上ったと発表した。

前回発表(10月21日時点)から被害額が最も増えたのは林業関係で、5800万9000円の増。当初は60㍍としていた印南町の防潮護岸倒壊が102㍍に達し、総額1億800万9000円に膨らんだ。

水産関係は4370万円増。串本町でクロマグロ1000尾が死に、1億3700万円に達するなど、総額1億4468万円となった。

農地・農業用施設は2900万円増の3500万円。農作物などの被害は、3万6000円増で前回からほぼ横ばいの852万3000円だった。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。