闘病の子に贈り物を サンタランに1000人

城内へ出発するサンタ姿の参加者

サンタクロース姿で歩き、闘病中の子どもたちを支援するチャリティーイベント「和歌山サンタ☆ラン」が1日、和歌山城の西の丸広場で開かれた。

企業経営者や医師らの有志からなる同実行委員会が主催し、ことし2回目。約1000人が参加した。収益の一部は病気のために入院し、家族と一緒にクリスマスを過ごせない子どもたちに向け、文具やおもちゃなどのプレゼントや寄付に充てられる。

スタート前の西の丸広場は白いひげを付けた人や、赤い帽子姿の子ども、サンタ服のイヌまでさまざまなサンタクロースでいっぱいに。準備体操の後は一斉にスタートし、天守閣まで続く城内のコースを楽しく歩いた。

実行委の川﨑佳司事務局長は「ことしもたくさんの人に参加してもらった。きょう得た感動や優しさを自分たちの心にとどめておくことで、世界一優しい街を目指せるのでは」と話していた。

プレゼントは県内4病院に入院中の子どもたちに参加者のメッセージとともに届けられる。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。