最優秀に末木さんら 社明運動の作文表彰式

賞状を受け取る末木さん

「第69回“社会を明るくする運動”作文コンテスト」の入賞者が決まり、26日に和歌山県和歌山市二番丁の和歌山保護観察所で表彰式が行われた。最優秀賞の末木凛さん(智弁和歌山小学校5年)と岡㟢凜太朗さん(近大付属新宮中学校3年)をはじめ、小学生の部7人、中学生の部8人と学校賞2校に賞状が贈られた。

同運動の県推進委員会が主催。日々の生活で体験したことや犯罪、非行のない社会づくり、受刑者らの立ち直りについて考えたことなどをテーマに県内の小中学生から作文を募集。209校から7747点の応募があった。また、最優秀賞の末木さんは日本BBS連盟会長賞、岡㟢さんは日本更生保護女性連盟会長賞を受賞した。

岡田和也所長は「体験したことや考えたことが素直に表現できていた。これからも社会のこと、地域のこと、どうすれば社会が明るくなるかを考えて発信してもらいたい」、県保護司会連合会の小西健之会長は「各実行委員会で皆さんの作文を丁寧に読ませてもらった。作文につづられた思いを忘れないようにしないといけない」とあいさつ。

末木さんは函館刑務所で作られたバッグを祖母が大事に持っているのを見て、罪を犯した人の立ち直りについて考えるようになり、学校で作文を書いたという。受賞については「賞を取ったのをきっかけに、みんながもっと立ち直りについて考えてくれるようになれば」と話していた。

入賞者は次の皆さん。
【最優秀賞】小学生の部=末木凛(智弁和歌山小5年)▽中学生の部=岡㟢凜太朗(近大付新宮中3年)
【優秀賞】小学生の部=清水陽花(湯浅町立湯浅小5年)、丸山清良(和大付小1年)▽中学生の部=栗山花菜(有田市立箕島中3年)、山尾真未(和歌山市立東和中3年)
【県更生保護協会理事長賞】小学生の部=橋本みやび(海南市立亀川小5年)▽中学生の部=湯川楓花(県立日高高付中3年)
【県保護司会連合会会長賞】小学生の部=岩西華乃音(岩出市立中央小6年)▽中学生の部=井端加奈(県立向陽中1年)
【県更生保護女性連盟会長賞】小学生の部=森美月(美浜町立和田小6年)▽中学生の部=中西礼(県立向陽中1年)
【県BBS連盟会長賞】小学生の部=????村優作(湯浅町立湯浅小6年)▽中学生の部=栗阪典位(開智中3年)
【審査員特別賞】井本光咲(県立向陽中3年)
【学校賞】小学校の部=有田市立保田小▽中学校の部=太地町立太地中

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。