なんて素敵な和歌山 HYDEスタンプラリー

AR機能でHYDEさんと和歌山城、梅のコラボ撮影もできる(29日)

「和歌山市ふるさと観光大使」のロックミュージシャン、HYDE(ハイド)さんが生まれ育った市内の名所を巡るデジタルスタンプラリー「#なんて素敵な和歌山なんでしょう」が29日、始まった。位置情報活用イベントアプリ「こことろ」で3月31日まで楽しめ、HYDEさん直筆サイン入りグッズなどが抽選で当たる。

市と南海電鉄の企画。HYDEさんが地元でのコンサートで大使に就任して1周年と、同社の特急サザンにHYDEさんが特別デザインをした「HYDEサザン」が昨年暮れに運行を開始したのを記念して始まった。

アプリ内の地図に表示される和歌山城や和歌山市駅など6カ所のポイントに行くと、スタンプとしてHYDEさんの画像が取得でき、AR(拡張現実)機能を使って画像と景色を一緒に撮影することもできる。全てのスタンプを集めると、特典画像がダウンロードできる。

プレゼント企画では、昨年1月29日のコンサート「HYDE ACOUSTIC CONCERT2019黑ミサ BIRTHDAY~WAKAYAMA~」を完全収録し、HYDEさんが直筆サインをしたブルーレイやDVD、初回限定盤の他、玉林園のグリーンソフトや友ヶ島海苔などHYDEさんお薦めの和歌山物産が計36人に当たる。

尾花正啓市長は「HYDEさんの効果で多くの人が和歌山に来てくれるのではないか」と期待しており、今後もHYDEさんと共同で市をPRする取り組みを打ち出していくとしている。

詳細は南海電鉄のホームページ(http://www.nankai.co.jp/traffic/info/hyde_train.html)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。