積極的に情報を公開 新型肺炎巡り仁坂知事

新型肺炎への対応について述べる仁坂知事

仁坂吉伸知事は3日の定例記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が県内で確認された場合の情報公開について、「できるだけ情報を公表する。感染者が出た場合、和歌山県は絶対に隠さない」と述べた。

仁坂知事は「疑心暗鬼になると全てが危険という感じになる」とし、新型肺炎の感染力について「(感染者と)濃厚接触しなければそんなにうつるものではない」と述べ、「一日も早い終息を待ちたい」と早期終息に期待を寄せた。

また、まだ県内で新型肺炎への感染が確認された人はいないにもかかわらず、1日夜のテレビのニュース番組で県内でも感染者が確認されたとの誤った報道があったとし、「担当の職員が対応にてんてこまいになるなど大変な目に遭った」と怒りをあらわにした。テレビ局がホームページにおわびを掲載したことについて「おわびを入れてくれたが、インターネットを見ない人もいる。別の番組でも(おわびを)やってくれよとお願いしている」と述べた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。