「御城印」集めいかが? 粉河の猿岡城で人気

「御城印をぜひ手に取って」と尾﨑さん

「御朱印」ならぬ「御城印」集めが全国的に人気となっている。和歌山県紀の川市粉河の観光特産センターこかわでも「猿岡城」の御城印が販売され、城マニアの間でひそかに注目されている。

御城印は登城の記念となるもの。猿岡城は天正元年(1573)に粉河寺が本堂を防衛しようと境内南にある猿岡山(現・秋葉山)に築城。83年の紀州征伐の後、藤堂高虎が同寺を統制するために入城・改築した。現在は秋葉山公園として整備され、城跡を示す石碑が建てられている。

御城印は紀州戦国屋(九度山町)が製作。「登城記念戦国時代の築城名人虎の城粉河一万石猿岡城」と書かれており、これを求めて近畿各地や関東からも城ファンが訪れるという。

同センターの尾﨑三津代さん(53)は「粉河寺の参拝とともに藤堂高虎が建てた猿岡城跡も見てほしい。そして記念に御城印を手に取ってみてください」と話している。

御城印は一部300円。問い合わせは同店(℡0736・73・8500)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。