国を挙げて応援 二階自民幹事長が知事訪問

仁坂知事と意見交換する二階幹事長ら

湯浅町の済生会有田病院の医師や患者が新型コロナウイルスに感染した問題で、自民党の二階俊博幹事長や門博文衆院議員、同町の上山章善町長らが17日県庁を訪れ、仁坂吉伸知事と意見交換を行った。

二階幹事長は「こんなことはめったになく県民の1人として心を痛めている。国を挙げて応援するのは当然のこと。必要なことが生じたら何なりと申し付けていただきたい」と述べた。仁坂知事は県内で最初に感染者が確認されてからの対応を説明。「われわれも大騒ぎしている。病院内でうつった可能性があり、徹底的に調べている。病院を早く正常宣言できるようにしたい。医療用のマスクがいずれ不足するのではと心配している。ぜひよろしくお願いしたい」と述べ、診察時用マスクや手袋などの支援を要請した。

意見交換終了後、会見に応じた上山町長は「病院が湯浅町にあることでものすごくクローズアップされ、風評被害で旅館などの宿泊施設でキャンセルが出ていると聞いている。町民の皆さんが不安にならないようにしたい」と述べた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。